忙しいアピール その3 By Y平 - 多重人格

忙しいアピール その3 By Y平

 忙しかったしこれからも忙しい。夏休みに入って本当に1日も休んでいない。毎日何かしらしている。何が休みか。これは「私、超多忙!」「バリバリ仕事こなしてるわよ!」的な輝いてるアピールでは決してなく、もっと仄暗い、負の想念を孕んだ「死ぬ」アピールである。

 しかし、往々にしてそういうアピールは誰も彼もにスルーされ、そればかりか、「それほどでもないっしょ?」みたいなノリでしたり顔をされるのでムカつく。とりわけ社会人様と来たら、「学生が何甘いこと言ってるんだ。俺達なんてもっと……」だとか言う言葉を枕にし、サービス残業がどうだとか、お盆休みが2日とかそういうお話をしなさる。そういう忙しいアピールをして、したり顔でしたり始めるのが奴らの行動パターンなのだけれど死ねよ。

 うるさい。全くもってうるさい。アホではあるまいか。したり顔のクソ野郎どもは、自分の状況を基本とした、相対評価しかできない。宇宙的規模で、絶対評価として見ることができない。

 分かりやすく言う。小さい小さいアリさんがいました。その傍らに人間様、つまりあんた達がいました。愚かなあんた達は可愛いアリさんに向かって、あろうことかデコピンをしかけます。ズビシ。アリの体はお前らのデコピンによってパラパラに弾けとび、目に見えないほど少量の体液を宙に撒き散らします。ゴトリ。はじけ飛んだ首が地面に転がっている具合。首だけとなったアリは、恨みを帯びた目であんた達を見据え、呟くのです。「死んじゃうじゃないか……」それを聞いたあんた達、大爆笑。「デコピンぐらいでなんだあ。俺達なんてもっと痛いことされることもあるぞう」

 言うまでもなく、アリが僕で、愚かな人間様があなた達です。つまりデコピンはあなた達にとっては痛くも痒くもないが、僕(アリ)にとっては致命傷になりかねない。そこんところを理解しないといけない。僕(アリ)にデコピンを耐えろと言っても、土台無理なお話です。あんた達が僕に向かってトクトクと「学生の気楽さ」を説く度に、上記のような残酷な行為をなさっているとお考え下さい。

 しかしアリは気づくのです。来年、アリは社会人というステージに上ることになります。社会とかいうとこは、デコピンどころか、車に轢かれる級のダメージを受けるところらしい。そういう世界にアリはこれから旅立たねばならない。そんな馬鹿なことってあるか。だって僕はアリだぞう。死んじゃうじゃないか。

 ポジティブ。ポジティブ。まあ待て。アリにとってデコピンと車ではどちらが痛いか。これは人間で言えば、介錯無しの切腹と、水爆で蒸発死するのとどっちが痛いかという質問に置き換えられる。無論、水爆のほうが痛くない。感じる暇も無いほどの一瞬の死。どうせ死ぬなら一瞬で死にたい。バラバラになった五体を携え、ジワリジワリと命を奪われるデコピンよりは、タイヤでもって一瞬で潰される車のほうが幸せな死であるとは言えまいか。言えるね。言えますね。

 そう思うと、今から旅立つ社会とかいうやつの最高なことと言ったらないですわ。僕はそこで一向一揆の僧兵のごとく、笑顔で敵に向かって切りかかり、はるか遠く、種子島をかまえる狙撃兵の一発でもって、額を打ち抜かれ、気づく間も無く死んでいく。当然、笑顔だ。命の灯が消えていくのを体中に感じながら「やった、ついに極楽浄土へ行けるぞう」と既に動かなくなった体でもってガッツポーズ。死という永遠の安息が今、僕の元に。社会人ってサイコウダネ。


↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます



このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

社会人なりたくねー!!

2007-08-29 12:10 | from たくす | Edit

ほんと。。。夏休みとかマジ暇です。
宿題やっちゃえばなーーーーんもやることなし。予習しろ?復習だ?
そんなものしてどうなるってんだ。いい大学?いい会社?自分のため?
あぁ^^なるほどね^^そうゆーことだったのか。はい。分かりました。
じゃあ勉強してくるね!・・・バタン!カチャ!
・・・えーと・・・十時でいっか。。。
ではおやすみなさい。
追伸,今日の記事むずかったですね

2007-08-29 13:12 | from GLAY

初めまして

四年のキリキリマイ感が素敵だなぁと、こっそり読んでました。
人間ってどうしても比較しないと生きていけないんでしょうかね、私もそのへんにちょっと哀愁を感じますが、日々の忙しさに明日には忘れてしまいます。

これからも頑張ってください。

2007-08-29 13:39 | from マイコ

社会も社会人も、ピンきりでしょ(。・_・。)ノ
これでお給料もらってるんだって思うと、案外大したことないです(。・_・。)ノ

2007-08-29 16:21 | from 毒りんご | Edit

喩えが上手いなあ。

2007-08-29 23:08 | from ゆん

僕には「頑張って下さい」としか掛けられる言葉がないわけですけれども。
とりあえず大量に瓶詰めされた睡眠薬を眺めていると、どことなく覚悟が決まるような気がします。

2007-08-30 01:53 | from | Edit

来年、そのアリが蒸発しかけてる頃に会いに行くよ。
いつぞやサクセスで重点的にケアした、頭頂部の砂漠化の進行具合の確認も兼ねて。。

2007-08-30 02:54 | from 浅野 | Edit

Y平さん弱ってますね…

2007-08-31 12:51 | from 社会人2年生

「所詮我等は蟻の軍隊。」と誰かが仰ってましたが、実際どうなんでしょうね。学生アリにとって社会人ヒトは脅威であるけど、おそらく社会新人アリには上司ヒトという脅威があるわけだし、上司アリには社長ヒトが・・・という様に意外に皆(天辺をのぞいて)つらいんかも知れません。ベルセXクのガッツ先生も「アリを踏むのに躊躇してたら、一歩も踏み出せやしない」みたいなことを言っていたような気がする。
ただ一つ確かなことは殺意と水は下方に流れる、ってことです。社会って恐ろしい!そんな戦場に赴くY平さんを僕は精一杯ハンケチを振って見送りたいと思います。万歳!Y平さん万歳!

2007-09-01 14:44 | from saigyo

タクス君>
金さえあればな……30億くらい

GLAYさん>
いい大学とか割と関係ないでー、やっぱ自分やで。この実力派社会って怖いっすね。GLAYさんも今はギャンギャン遊んどきなさいな。いかにアクティブに遊んだかが、きっと将来のコミュニケーション力に関わってくる。

マイコさん>
いやいや、意外とゆるりとしてますわい。大学入って一番楽しい時期かもしんない。

毒りんご。さん>
そういう企業を見つけ出す難易度といったらないっすわ……

ゆんさん>
あざっす! でもまだまだっす!

陸君>
意外とな、元気なんだこれが。生命力に溢れてるっていうか、活力があるつうか……は、これはまさか、就活生の輝き……!

浅野君>
君はサクセスどんだけひっぱってくんだよwww

社会人2年生さん>
いや、意外と元気なんすよホント

saigyoさん>
俺、確実に死ぬ人みたいになってんじゃんwww

2007-09-04 00:44 | from Y平

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/213-2b4ffaf6