ソフトウェア系インターン総括 By Y平 - 多重人格

ソフトウェア系インターン総括 By Y平

 インターン終わった。やっと終わった。いや、もう最高です。たった数週間だったけど、濃い経験をさせていただいた。仕事の楽しさもさることながら、他のインターン生との交流、厳しくも僕の成長を願ってくれている社員さん、自社の成長を切に願い、一丸となってプロジェクトに向かっていく社風、全てが僕にプラスな刺激を与え、僕は大きく成長することができマシタ!!

 とか言ってみてー。マジ言ってみてーよー。「俺、成長した!」っておくびもなく言えちゃう人物。さういうものに、私はなりたい。

 ぶっちゃけ言う。プログラミングの技術、これは確かに上がった。プログラミングへの興味、これも確かに沸いた。気づいたら「ゲームプログラミングで学習するJava入門」とか言う香ばしい本を買ってしまったほどだ。

 この衝動、このプログラミングへの熱いパッションをどうするか。したらば僕はこのまま一直線に「ソフトウェア業界」へ進出。SE(システムエンジニア)になっちゃう? なっちゃう?

 NO、なりたくない。プログラミングは趣味の段階が一番楽しい。これが仕事とかありえない。少なくとも僕からしたらありえない。3K(「きつい」「帰れない」「給料が安い」)とかありえない。すると社員さんが言う、「はっきり言って、どこの業界も3Kでしょ?」いや、もっともです。就職して、「俺の仕事、超楽勝」て言ってるやつをついぞ見たことが無い。

 しかし、それを探すことが僕の就活なのだ……と言うような様子でおったら、社員さん再登場です。諦めとも哀れみとも思える侮蔑の視線をあびせながら「それは甘えだ」と斬り捨ててきやがる。じゃあ働かずに死ぬしか、ない、じゃな、いか!

 冗談ではなく働きたくない気持ちだけ膨らんだ。そう聞くと、大方の就活生どもが鼻の穴を膨らませて、「こいつ、だめだし」などと鼻で笑ってきやがるが死ぬといい。何を嘘ついてんだ。お前達は働きたいのか? 本当に働きたいのか? 「うん、そうだよ。おれは広告業界でバリバリ働くんだ。そしてどんどん出世して……」ファックファックファーック! 島耕作気取りはやめて頂きたい!

 お前らの望んでいるのは働くということそのものではなく、その対価でもって得られる給料、名声、そしてその後の生活の平穏なんだろうが!

 無駄にスタイリッシュなマンション、キレイな妻と、聞き分けのいい娘。ゴールデンレトリーバー。それを被写体にお前はビデオカメラを手に取り

「カメラじゃないんだから……動かなくちゃダメだぞ、真奈美」

「はーいパパ」

「真奈美ったら動きがカクカクじゃない」

「ワンワン」

「はっはっは。いいぞぉ真奈美」


 一方で会社では馬車馬のように働き、常にプロジェクトのことを考え、ストレスで白髪が増えまくり。しかし憔悴しきった顔で家に帰ると、可愛らしい妻がお出迎えだ。玄関先にパジャマでトテトテ出てくるお前の妻。

「遅かったわね。ねえ、あなた……最近体大丈夫なの?」

心から心配そうにお前を気遣う妻を見て、お前は微笑する。

「ああ、大丈夫だよ」

そう答えると同時に、

(お前達さえいれば……大丈夫だ)

と半ば自分に言い聞かせるように、心のなかで強がるお前。いや、強がってるのか、本心でそう思っているのかも分からない。それほど、お前は頑張っている。バリバリ仕事もして家庭も守っている。それは……幸せ、なのか? それとも自己欺瞞、なのか?

 一方で就活を放り出し、今バイトしてるコンビニでパートして一生を終えた場合の僕の人生を見よ。

 週五で朝昼コンビニ、アフター5でもって好きなアニメDVDを鑑賞、深夜2時過ぎまでインターネット、エロ動画ダウンロードしまくり。独身。趣味はゲームプログラミングとブログ。「今日も人と話しませんでした」と多重人格とかいうブログに書き書きする僕と言う名の廃人。「俺も」「俺も」「俺も」とコメント欄に群がる他人という名の廃人。夏、冬には自費製作のゲーム、エッセイなどをイベントに持ち込み、好きな時間にあらゆる本を読む僕。コンビニではとりあえず時間が過ぎていくのを待ち(8時間)、帰って独り、焼酎を飲み飲み老いさらばえていく。そしてついに終末のときは訪れる。もちろん独りである。インターネットを開いたまま、断末魔のブログ更新だ。「ついに死ぬぞ!!!!!!!!!」それに群がる廃人という名の他人「俺も死ぬぞ!」「俺も!」「俺も!」ぽっくり。

「白骨化した独居老人の遺体が今朝、発見されました。近隣住人によると――」


 僕からすれば、どっちも悪くないと思えるんですね。不思議ですね。奇妙なのが上の二人とも、最期のときには「俺は幸せなのだ」と自分に言い聞かせて死んでいくのです。一体幸せっていうのは何なんでしょうかね? 幸せ、見つけたいなあ。


 あ、インターンのこと忘れてた。そうねえ、昼飯の焼きオニギリが絶品だったよ。


↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます




このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

いつかは僕もするのかと思うと逃げ出したくてたまらないです。

2007-09-16 17:05 | from yama | Edit

おつかれです!

しんどくも働ききった時には自分の幸せとかみつかるんじゃないでしょうか(´▽`*)
(主に真奈美の出来具合とか

仕事は受験より色々絡まってて大変そうです><

2007-09-16 17:36 | from かよ

こんにちは。

修活している時は、何となく充実した
日々を送った気持ちでいられますが、
実際働いてみるとねぇ……。いろいろ
自分の考える「理想」とかけ離れた
日々が待っているわけで。

基本的に「正社員」になって、苦労しない
ような会社はないんじゃないかなぁと思い
ます。残念ながら。ポイントとしては、
とりあえず自分がやってみたいことか、
基本的に土・日は休みたいか、
残業時間、職場環境、転勤の有無
会社、経営者、社員の魅力……など
いろいろ勘案してみるしかないですよ。

まぁ、入ってみないとわからないこと
だらけです。見も蓋もない言い方を
すると「答え」のない選択なので、それで
みんな悩む気がします。「職業選択の
自由」がかえって不自由を作ってます。

でも、タイムマシンで自分の記憶そのまま
で子供の頃に戻れても、間違いなく遊び
倒す自信があります(笑)結局、パラレル
ワールドののび太と同じ運命をたどって
しまうでしょう、私は。

「こうなりたい!」という理想がある人が
うらやましいです。
まさに、さういう人に私はなりたい(笑)
何とかなるさーっ。

2007-09-16 17:44 | from 安寿

「仕事なんて99%は苦痛だよ。でも、その中の1%の喜びを味わいたい為に、働くんじゃないかな」
職場の先輩が言ってました。一理あると思います。僕は「デキる男と呼ばれたい」なんて理由で働く完璧ナルシです。
「俺も」「俺も」…の流れが儚くて好きです。

2007-09-17 00:33 | from JOHNNIE

yamaさん>
つってもそんな辛くないすよ。今のところ。僕の特技は誇張です。

かよさん>
そうですね。疲れても解放される瞬間ってのが至福ですよね。しかし……そもそも疲れたくないんだよなーギャハー。宝くじあたらねーかなー

安寿さん>
答えのない選択、色んな条件を勘案しつつも入ってみないと分からない……まさにそうですね。僕の周りの社会人たちも、就活時代にはあんなに輝いてたのに、みんな老け込んでいってます。ものすごく響くお言葉ですな……。ていうか就活ブログっぽくなってきましたね(笑)社会人さんからの意見がもらえるのは大変参考になります。ありがとうございます。

あ、ドラえもんについてですが。タマシイムマシンの話ですかね? あれはかなり憧れましたね(笑
昔に戻ったら、マジ筋トレとかしまくる。理三めざして5歳から勉強しようとか妄想が膨らみましたわ。

しかしあの話は、かなりダークだと思う。僕は藤子さんのああいった厳しい皮肉が好きです。

JOHNNIEさん>
先輩の言葉、ずきりときます……! ゾクゾクします。やっぱみんなそうなんすよね……みんな苦しんでる。つーか米欄に妙に就活っぽいコメントがきて嬉しいです。社会人の生の話は説得力がある。

2007-09-17 03:04 | from Y平

男なんて、女なんて、おとななんて、こどもなんて、おねーさんなんて、そして幸せなんて、皆々しゃぼん玉!
しかしまあ、どうしてこんなに必要なことというのは苦痛を伴うのか・・。苦痛が幸せのスパイスなのか、幸せが苦痛のスパイスなのか・・・。そもそも生まれてきた事に意味などあるのか・・。意味があることって、どういうことか・・。とりあえず焼きオニギリは美味いよな・・。
あと、就活とかしてないので説得力のないくせにpriceless!とか書いてごめんなさい。でもそんな僕の怠惰が、pりせぇ(ry

2007-09-18 17:41 | from saigyo

saigyoさん>
毎回テンションがたけえ……苦笑
つーか無駄にかっこいいことまで言っちゃって……

>苦痛が幸せのスパイスなのか、幸せが苦痛のスパイスなのか

↑なんかずりーよーかっこいいよー(笑

2007-09-19 01:12 | from Y平

ホットスポットと30代,40代の転職

ホットスポットとは、駅や喫茶店、図書館などでパソコンやPDAの無線LAN接続ができる空間のことをいう http://gave3.sentesag.com/

2008-12-08 05:02 | from -

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/218-74f4a0b4