地獄上映会に備える By Y平 - 多重人格

地獄上映会に備える By Y平

 人間、恥ずかしいことをやってるときほど、誰が見ているか分かったもんじゃない。だから皆、恥ずかしいことをやるときは隠れてするし、絶対に他に露見しないように最大限の努力をはらおうとする。これが普通だ。もしそうしなくなった、つまり他人へのあらゆる分野の露見が、苦痛ではなく快感に感ぜられるようになったとき。その人は悟りを開いたか、露出狂に目覚めたかのどちらかであると言える。

 ということで僕も躍起になって隠しごとをするのだけれど、ただ単に普通に隠すだけでは少し落ち着かない。というのも、昔から、ある恐怖を胸のうちに抱えているからである。


 話を具体的にする。例えば僕がオナニーしようとする。しかも、そのネタが、目下、週刊少年ジャンプで連載されている、「初恋限定。」というエロ本くずれの漫画だったとする。中学生が好んで抜くような漫画だ。しかし、この僕22歳。そのエロ本くずれのクソ漫画のタイトルページ、「山本さん」という女子高生が色っぽく座ってコチラを見ているという体のカラーページ、その前に鎮座するのは僕。そんなシーンを想像しろ。

 この状況が他人に露見すれば、とんでもないことだ。なんせオナニーの露見ほど恥ずかしいものはない。実家住まいの僕にとって家族にばれる辱めといったらない。

 加えてこれは極めて僕の、僕自身のプライドに関わる問題だが、ネタが香ばしすぎる。中学生レベルのネタであり、こんなもんでオナニーするのは僕のオナニーマンシップに反する。だって見てこれ? 山本さんの横に「この視線からは逃げられない」というチープな煽りロゴ。右下にはこれまた「注意!! この絵を3秒間みつめると恋に落ちます!!」という、読者をシャブ中か何かと思ってないと書けないであろう、アッパーな煽り文句が書かれている。これで己がホワイト家族をぶちまけたなんてことになったら、僕の威信に関わるってくるわけだ。

 しかしながら、チャレンジしたい! このチープな煽りに躍らされる自分を想像すると、たまらなく……そそる! これは僕のうちに潜む、性的マゾヒズムがなせる業だろうか? 例えば僕は、醜悪な女性をオカズにオナニーをすることがある。「こんなので抜いちゃってる!! ヒギィ!!」という作用でもって快感が高まる気質があるのだ。それと同じで、「こんなクソ漫画で抜いちゃってる!! 恋しちゃってる!! ピィイイギ!!」と言う状況にあえて(←ここ重要)自分を持っていくことで、自身を貶め、そして快感を貪る。これは、時折エロ本などで、自称マゾ女が、「私、醜悪なオヤジに、無理やりレイプされてみたいんですー」と語っているのを見かけたりするが、その精神と通ずるものがある。


 もちろん、これらは異端であり、隠すべき事象だ。僕はおそらく常識的な判断力を持ちえている。しかもこのオナニーは、見る人が見れば「ど変態マゾヒスト」という性癖まで看破されるであろうスペシャルオナニー(SO)であるので、この秘匿は必須だ。失敗すれば生きていかれない。

 なのでSOの実行にあたっては最新の注意をはらった。場所は自分の部屋。体勢としては、布団をひっかぶり、かつ膝立ちをする。この状態から更に上体を前に倒し、基本姿勢とする。分かりやすくするために、この姿勢を切腹で例える。脇差を腹の右に突き立て、そのまま左に掻っ捌いたあと「うぬ、これぞ武士の死に様! とくと見られい!」との大号令を引き金に、ぐりりと刃先を心の臓に向け、あばらの外から一息で心臓まで切り裂いていき、「む、無念じゃ……」と弱弱しく呟いた後、前のめりに倒れる。このときの姿勢。これが件の姿勢と一致する。なお、切腹用の短刀を置く「四方」の位置に、山本さんがいると思っていただきたい。

 こうすると鼻先寸前まで山本さんが迫ってくる上、外界は布団に覆われているため、余計なものが目に入らず(このやり方は、海南の牧も取り入れている集中法である)頭を山本さん一色に染めることができていい感じにラリれる。また、このようにオナニーとしてアグレッシブに責めつつも、後ろから見ると、単に寝ながら漫画を読んでいるように見えるという防御面も完璧の戦型でもある。後ろのドアから、確信犯的侵入者が来たとしても、そのままオナニーから、読書へとシフトチェンジすればなんら問題ないというわけだ。

 この戦法でもって、SOを敵に気取られることなく実行する。するとまあ、前述のマゾ精神で持って非常にエキサイトすることができる。ときおり「山本さあん、山本さあん、はあはあ……」などというノイズが口から出るのもムードを盛り上げる。最高のSO、最高な山本、最高に山本の扇情力を生かしきる僕。そして最後はもちろん、ドビュッシー。音楽家の名前ですが、別段意味はありません。


 完璧な秘め事だった。何の露見もない。恐れていた肉親の闖入もなかった。僕はこうして社会生活を穏便に営むことができる。しかし、妙に落ち着かないのだ。こう、根拠のない不安感が体中を駆け巡っているような、そんな感覚に陥る。ここでようやく第二段落から中断してきた話が進む。とにかく不安なのだ。


 というのも、もしかして今の一連の行為が撮影されていたとしたら……という恐怖が沸きあがってくるのである。もちろん、デスノートの主人公の家じゃあるまいし、日常を撮影されている確率なんて無に等しいのであるが、そういうことではない。僕は、現実ではなく、もし死後の世界で撮影されてたら……という不安に駆られるのである。ちなみに、この思想は中学生のとき芽生えた。

 電波中学生の思うことにゃ、死んだ後、エンマ大王様みたいなのに、天国or地獄ジャッジメントを下される際に、もし今までの人生がその場で上映されるとしたら、どうする? という電波な危惧であった。

 大好きだったあの娘、先に逝ってるであろう肉親、その他もろもろの関係者が傍聴席にたたずむ中、この「山本さんでSO」という、国辱ものの行為を審判の場にて、上映される。この恐怖、あなたにも分かっていただけるであろう。人は誰しも秘密を持っているからだ。もちろん、僕にはこれ以上に言えない性癖などが存在し、100パーセント傍聴席にいるものたちをひかせることができる自信がある。つーか僕だけじゃなく、みんなそうだと思うが、どうか?


 こんな思想を持っている以上、僕には、山本SOという恥部をありのまま晒しっぱなしにするなんてできない。といっても僕は男で、人間である。山本SOを止める術はないに等しい。なのでせめて僕は、例え止めることができない国辱行為だとしても、一石の擁護を投じることにしている。つまり、僕は死後の上映会に備えて、必ず恥ずかしい行為をしたあとは、地獄スクリーンの前のお友達に向かって言い訳めいたことを言うようにしているのである。いや、正確に言えば、今現在、中学生のときからそうしていたので癖になっている。無意識で言ってしまう。本当に言う。


 例えばオナニーのあとであれば、「はあ、俺……なにやってんだろ」と後悔の台詞を残す。こうすることで、無為な行為をしているという認識があるんだよアピールをし、自分がただ性欲のままに生きる猿ではない、という認識を観るものに残そうとする。ちなみに件のSOの際は、「河下みずきってホントクソ漫画しかかかねーな。もうエロ漫画だけ描いてりゃいいのに。女の子の恋愛を書きますよーとか抜かしてた割には2話目から早速男目線のクソ性欲描写だしよー。キャラもどこかの漫画で見たようなキャラばかりだし、独創性がなさすぎてマジ糞。なにがしてえのマジで」と言うようなことをブツブツ言って、こんなので抜くのが恥ずかしいということが分かってますよアピールをしといた。もちろん、相手は現実の誰でもなく、強いて言えば死後のあなたたちである。あなた達は関係ない。

 ということで、死後。上映会にてきっと誰しもが痛い目をみるだろうが、僕だけは用心してるのでダメージが少なくてすむって話っすー。ちなみに最後に聞いておきたいんだけどさ、えっと……ねえ、これ、僕だけかな?


↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます



このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

事後の台詞は「最低だ、僕って」の方がおすすめですー
死後の上映会では「こ、これはシンジ君の真似をしてたんだよ!
エヴァが好きだからさ!」って言えば多分大丈夫だと思います。

……余計ダメかも。

2007-10-09 02:13 | from しえる | Edit

今回のはいつも以上におもしろかったすー。ほんと、Y平さんのイマジネーションには脱帽っすー(^ω^ )

2007-10-09 16:10 | from -

最後はもちろん、ドビュッシー。
好きです^^。

2007-10-09 20:38 | from アヤノ

ホワイト家族にはやられたwww

2007-10-09 22:39 | from とてぃ

ドビュッシーは玄人ですね。僕もCD持ってます。

全ての罪は赦されますよイエスはそう言ってました釈尊もあの世に「地獄」があるなんて言ってない。

中国に「四知」て諺があるけど、だから安心して醜態を晒せば善いと思う。いいじゃん男の子だもん。

2007-10-11 00:45 | from JOHNNIE

確かに、人を殺した罪状よりも、
エロ関連の性癖を暴露される方が
はずかしいかもしれません。

ほとんどの人間にとって、「死」は突然
訪れるものなので、自分のエロ関連の
グッズが死後、家族その他に知られて
しまうという恐怖は免れません。

2007-10-11 18:19 | from 安寿

はじめまして★ブログ拝見させて頂きました。
おもろかったですww
このブログの楽しさをもっと沢山の人に伝えましょう!
CliPeDiaにあなたのブログを投稿する事で沢山の人に目に止まり、アクセス数を上げることができます♪
また、あなたのブログの過去の記事をクローズアップして紹介することもデキマス!
あなたのブログをより多くの人に見てもらうために是非CliPeDiaをご利用ください(^^)/

2007-10-12 18:04 | from くりぺ

いや、ほんとにあの初恋限定てなんなんですかねwww
いちご100%と違うのは主人公一人がモテモテではないってとこなんですかねー(*´∇`*)

言い訳は、やっぱしますよねー(*´∇`*)
あと、僕の人生は誰かが操作しているゲームの登場人物のキャラクターでしかないんじゃ?とか想像したことありませんか?
僕はありまにゅっ(*´∇`*)

2007-10-13 00:49 | from ポーカマe

ただいま人気ブログを応援しています。
応援ポチッ!

2007-10-14 13:33 | from 団長

ひさびさに拝見しました。
相変わらず・・・面白いです;;

地獄上映会、軽くMっ気のある私としては、ちょっと楽しみかもw

ってのは冗談ですが、地獄上映会対策として、その恥ずかしいことを帳消しにしちゃうような素敵なこと、立派なことを生前にやるのが一番なのかなって思いました。
なので、別にオナニーに限らず、これからも色々失敗したりで恥ずかしいことするだろうけど、その分それに見合うだけ立派なことをやったり、それに向けて努力したりすればいいんじゃないでしょうか(^ー^)
私はその方針で地獄上映会に向けて頑張ります。

っていうか、そもそもY平くんのSOとやらは、記事の中のような口先だけの場当たり的言い訳なんかじゃ到底カバーできるものでもないと思いますw

2007-10-20 02:14 | from 毒りんご | Edit

ずーっと、このブログが更新されてなくて
心配です。とりこし苦労ならいいのですが。

2007-10-30 09:09 | from 安寿

も死や……

2007-10-31 19:48 | from -

Y平さん戻って来て><

2007-11-04 23:22 | from ほりほり | Edit

Σ( ̄ロ ̄|||)
Y平さん、一ヶ月以上更新して無いって事で、変な広告載せられちゃってますよ・・・(;ェ)

ってか、私も人のこと言えたくちじゃないけどw

2007-11-16 19:14 | from 毒りんご | Edit

広告ふいたwww

2007-11-17 00:42 | from

今もっともジャンプで熱い漫画は初恋限定。

異論は認めぬ。

2007-11-17 22:06 | from Y | Edit

しえるくん>
もともとダメなの真似しちゃったーw

ななしさん>
褒められるとかなりにやけます。でもこんなもんはウンコです。

アヤノさん>
よかったなあドビュッシー。アヤノさんに好かれたぞ。

とてぃさん>
上戸あやにドビュッシーしたいよね。

JOHNIEEさん>
罪っていうか恥ずかしいんすよね……でも、本物の人はもっと壮絶なことをやってるので僕なんかまだまだですよね、よく考えたら。

安寿さん>
んでも、やっぱり殺しのほうが引くから、エロ関連の事象なんて、上映会ではむしろ笑いとして受け止められそう。んで、終了後に死んだ母親が言うんです。「あんた、恥ずかしいこと色々やってきたけど、人殺しでなくてホントによかった」って。

くりぺさん>

おはようございます。こういうかた
ちで紹介していだたいて、本当にありがとうございます。どんなコメ
ントでも嬉しいです。これからも、う
ちのブログをよろしくお頼み申します。ち
んちん

ポーカマeさん>
男キャラが主観になった瞬間、みんなおんなじテンションで同じような思考をしだすのが萎えますわ。キャラクターの個性はどこ言った……あのアフロのやつとか……
ていうか、全体的に台詞説明の多い、ドタバタした展開が嫌いなのかな……でもオナニーはする。

ていうか、ポーカマさん、何さらっと気持ち悪いこと言ってんすかww?
その発想はなかったでー!

団長さん>





毒りんごさん>
ええっっM!? じゃあ地獄上映会中に、「やだ……はずかしいのに……つい」みたいな展開が期待できるのですか!? あやー、そういうケースを頭にいれてなかったわー。わるくない。

ていうか、あれですよ。「あんな立派な人が……」ていう反応も怖いってことを念頭に入れといてください(にやり)

安寿さん>
大丈夫です。全然僕は元気ですので……

ななしさん2>
死んぱいない

ほりほりさん>
あやー、僕風情に勿体無いお言葉ですよ!

毒りんごさん>
いやあ、びびりました。一ヶ月以上更新のないブログって世の中にあふれてるんでしょうね。

あさん>
僕が一番吹いた

Yさん>
いやあ、僕も熱いと思います。オナニーすると熱くなっちゃって……

2007-11-22 17:32 | from Y平@管理人

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/231-5c6ba261