理想の職場探求 By Y平 - 多重人格

理想の職場探求 By Y平


 就活生のこの時期っつーのは、猫も杓子も業界研究だの企業研究とか騒いでますが、へえって感じです。いや、もっとも。相手を知らなけりゃどこに就職したいとかそんなのもないですわ。だからご多聞に漏れず僕もやるわけです。HPだの説明会などに出席して、会社のことを知る。ときには社員の生の声を聞かせていただくなんてアクティブな機会もありますわ。でもあれって怖いっすね。

 というのも、先日。就活サイト見てたら、先輩社員の声みたいなコンテンツに、僕の友人が載ってたので笑いました。何が笑えるって、そこに書いてある内容。「充実感」「達成感」「コミュニケーション力向上」と言った、仕事のいわば「陽」の部分を全面に押し出した希望にあふれるインタビュー、友人の満面の笑みが、就活生のエントリー意欲に訴えかけてくる。いいなあ、仕事って。あいつも大分変わったなあ。輝いてるなあ。だなんてシミジミ。とか思いません。全然。なぜ? だってあいつ常に電話で「仕事やめてえー」って言ってるんですもの。


 怖いな、メディアって。て思うのもあるんですけど、まあ仕事なんて辛いのが前提みたいのがありますわ。だので、そんぐらい全然いいっすわ。

 しかしですわ。かたや僕の別の友人(社会人)などは、キツそうな職場に働いてる印象があったのに、「トイレにこもって1時間ぐらいサボってる。これ、上司もよく使う手」などと言い放つので、社会人って分かりません。

 その他にも、例えばSEなども、一日中デスクに向かい合うSEもいれば、積極的に外部に飛び回り、コミュニケーションをばらまく、皆が好きそうなタイプのSEもいる。ルーティンワークをずーっとこなす開発職(開発なのか?)と、自分の発想が生かせる開発職。手取りはいいがボーナスがほとんどない、その逆etc……色々ありますが、そういう知識の披露は誰か、そういう方面の顕示欲の強い人にやらせればいいので割愛します。


 そういった感じなので、ここで改めて、僕がどんな職につきたいのか考えねばなるまい。なので考える。うーん。女子高生が欲しいな、職場に。

 というのも、僕のバイト先の話。遅刻した女子高生が「す、すいませぇ~ん!」と言いながらトテトテ入ってくる。もちろん制服姿だ。先輩である僕はそれを見ると、「君ぃ! スカートはまずいよ!」とビシリと注意する。彼女は僕に注意され、初めて自分が制服姿だった事実に気づく。「はわあ、ほんとだ! すいませぇん! 着替えてきます!」と慌しく背を向け、走っていく。トテトテ。内心、(今気づいたとかウソだろ)と思いつつ、「まあ、いい。そのまんま入りなさい」と僕は声をかける。僕の声に反応し、彼女、キキっと急ブレーキ。反動で「おわっ」と小さく声をあげる。長い髪をパッとはじけさせながら、僕のほうに顔を向けると、「あ、ぁりがとうございます! すいませんでした!」と一礼。ペコリ。おじぎしたときに、肩掛けバックから、教科書が一冊ドサリと落ちる。彼女は「あわっ!」と声にならない声をあげ、「あ~もう、プンプン」という効果音がつきそうな困った顔をしながら、教科書を取り上げると、「へへへ」と照れ笑い。この一連のシーン、全部事実。どこの美少女ゲーム?


 という経験に基づきまして、僕は女子高生がいる職場につきたい。これは全うな自己分析だと思いますがどうか? じゃあ、教師は? 教師か……いや、教師は……ほら、ネットいじめとか、面倒なことが……色々あるし。ならば、いっそ今のバイト先? コンビニ。半年に1回新キャラ女子高生が入る職。手取り10万、年末調整時、長期休暇可能。年収は100万弱。女子高生。人生を無頼に生きてみる? 悪くないね。


↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます



このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

いや、実際悪くないと思いますよ。
「コンビニララバイ」とか読んだら楽しそうだったし。
で、大量発生するであろう余暇の全てをこのブログに注いでもらって、これからもどんどん面白い記事書いていってください(*_ _)

2007-12-08 17:08 | from 毒りんご | Edit

もう正社員なんてしないなんて、言わないよ絶対。

と言うわけでもなく、かと言って正社員のメリットよりも
デメリットの方がいっぱい見えました。僕の場合は。
例えば、サービス残業だとか当たり前のように蔓延していたし、
ボーナスちゃんとくれないし……。自分なりの「未来」感じなけりゃ
続けられませんよ。実際。 女子高生かぁ。まぶしすぎて、
直視できません。冨樫先生が、徹夜してマンガを描いて、
スクリーントーンついた状態でこれから登校する女子高生を
見て、自己嫌悪に陥った話しを思い出して、身につまされます。
自分のペースで、生きていきましょう。僕も頑張ります、Y平さん。

2007-12-09 17:51 | from 安寿

飲み会のときにハヤトくんが、
「高校、女子高生はマジやばい。誘惑に勝てん」
て言ってましたね。
教育実習でそんなんだから、正規雇用はバラ色人生決定です。
高校がベストな就職先ですバイ。ほら、教師でなくとも高校事務職員とか。。
あ、お久しぶりでした♪

2007-12-09 23:28 | from GUMOL

毒りんごさん>
もしそうなったら、視野が狭いブログになりそうですね(笑) 親も大変だろうなあ。そんときは。宝くじでも当たればあるいはそれでも…・・・

安寿さん>
ですよね。つまるところ女子高生と一回でいいからセッ……付き合いたいっすよね。

ぐーもるくん>
ちっちっち、事務職員や教師だと問題が。絶対にセッ……付き合えないじゃないすか。その点、コンビニだとね、付き合えるかもしれないという可能性だけで雲泥の差が。賃金も雲泥の差だけど。

あ、お久しぶりっすな!

2007-12-10 03:02 | from Y平@管理人

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/236-5ea26cc4