081114 - 多重人格

081114

 朝起きたら未だ体調がすぐれず、微熱気味。原因は明らかに前日のセフィロス戦にあるのだが、もはや何も言うまい。
 昼までぶっ倒れるように寝て、起きたあと前日読み終えた「14歳のエンゲージ」を読み返す。が、面白くない。小説を二度三度読むと、新たな発見があって面白いヨーなどと人は言うが、それは間をおいて読むからいいのであって、連日にわたって再読するのは苦痛以外の何者でもない。すぐに飽きて小説を投げ捨てる。再び就寝。ぐー。
 すると、頭上に高校のときの図書貸し出しカードが落ちてきた。なぜ。今。貸し出しカード? 懐かしいカードに僕の名前が書かれているのを眺める。カードのタイトル部分には「14歳のエンゲージ」。……? ああ!?
 はっとしてさっき投げ捨てた「14歳のエンゲージ」に飛びついて、裏表紙を見やる。懐かしい「○○高校」の文字。これ……高校の図書室の本じゃん。なんと5年にわたる延滞である。図書委員の目をくぐりぬけ、しれっと本を借りパクしてる。……これがゲオの延滞だったら、偉いことになるとこだった。あぶねえ。いや、そういう問題じゃない。
 いずれにせよ、この本は返しておかないとダメなので、近日中に母校に帰しに行く予定。部活の後輩を指導に行くでもなく、世話になった先生に挨拶に行くでもなく、ただ図書の本を返しに行くためだけに5年ぶりに母校を訪れる卒業生ってどうなの? 馬鹿なの?
 もし僕が借りパクしていた五年間のうちに「14歳のエンゲージ」を読みたかった後輩がいたとしたら、本当に申し訳ない。それを思えば、この程度の辱めは受けて然るべきなのかもしれない。

 さらに図書カードを見てみると、面白いものを見つけた。貸し出し者氏名の欄。僕の名前の上に、大学一年のときに付き合ってたHさんの名前があった。何という「耳を澄ませば」。
 当然僕は、「オレ、おまえより先に図書カードに名前書くため、ずいぶん本読んだんだからな……」という甘酸っぱい思惑などなく、同じ高校だったというものの、その当時はHさんとは会ったこともなかったので、単なる偶然なのだが、こういった形でHさんの名前を再び見るとは驚きだった。
 とともに、Hさんとの甘酸っぱいどころか、どす黒い記憶の波が僕の胸を押しつぶしてきたので、やはりこの本はキチンと返却せねばならんという気持ちになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

ありがとう!ヤれましたww


素人の女の子と普通にヤレましたww
ありがとうございました!!

しかも、女子○生!!!!

http://18erosta.net/se1001/a8nrh/

2008-11-17 14:49 | from 亀きち | Edit

「どす黒い記憶」のところを詳しく聞きたいです^^

2008-11-18 00:31 | from まさ | Edit

まささん>
すいません、そっとしておいてください……

2008-11-18 14:14 | from Y平@管理人

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/314-cb945ddc