【日記】エッセイ公募書く。あと読書感想文 - 多重人格

【日記】エッセイ公募書く。あと読書感想文

 今日は公募用のエッセイを一本書いた。800文字。公募用に書いたと言うと少々仰々しく偉そうな感じがするので公募用に作文をしましたと言った方がよいかもしれない。昔から、素人でちょっとウェブにチラ裏日記を書いてるだけで、文章を書いてます(キリッ)とする自分が嫌だったので、これからは作文をしていますと言う事にしよう。文章という単語も使わない。何かプロくさくてそれを生業にしているようなニュアンスに聞こえる。激しくおこがましい。

 そんなことはおいといてエッセイ800文字。これがまた難しい。800文字なんて短すぎる。どう考えても書きたい事の半分も書けない。ハルヒだったら、キョンが北高の坂道を上りながら一人で独白している場面の途中で終わる量だ。まあだからこそ、短く簡潔な文章で書きたい事を凝縮させる必要がある。ライトノベル作家に書かせたら、意外と落選するのかもしれない。

 30分ぐらいで書いてしばらく寝かす。にしても、どう考えてもつまらん。原稿用紙2枚とかいう縛りがどうも小学校の読書感想文という雰囲気を帯びてて、破天荒にできない。やっぱりヘタクソなのね僕は。明日もう一度このプロットで最初から書き直すぐらいのノリで推敲しよう。いや、プロットも変えよう。やっぱり駄目だこれは。「○○なところが僕はすごいと思いました。(まる)」調の駄目な読書感想文と何ら変わらない。書き直しじゃ書き直し。

 そういえば話は変わるが小学校の読書感想文には苦い思い出がある。小学3年生のときだったろうか。国語の時間を2時間ぐらい使って3枚以上の読書感想文を書く課題が出た。みんな口々に嫌そうな声をあげながら、本を持ち寄り感想文にとりかかる。クラスに一人はドラゴンボールとかを持ってきて怒られるのはお約束だ。

 黙々と書いていたのだが、3枚なんて余裕でオーバーした。次々と原稿用紙を取りにいく僕を見ながらクラスメートは「やっぱY平はすげえな」みたいに僕を賞賛する。その頃はチャレメで勉強できるキャラで通っていたから、心底ドヤ顔でいた僕は、さらに書くペースをあげ枚数は9枚にもなった。

 ただ一点、僕も途中で気づいていたのだがこの感想文には難があった。感想がまったくないのだ。感想文なのに感想がないとはいかにと思うが、なんとこの感想文、ただ課題の本を丸写ししていただけだったのである。

 「?」と思う人もいると思うので補足しておくと、当初の僕の目論みとしては、あらすじを抽出して随所で自分の感想を入れていこうと考えていた(今となってはそれは感想文として駄目な典型だと思うのだが)。ところが、アホだった僕に「ここが物語の主軸」という判断ができるはずもなく全部の文章が大事に見える。結果全写しをするしか方法がなかった。児童本とはいえ、9枚で収まるわけはないので、はしょるところははしょっていたと思うのだが、2時間という制約上、写すので精一杯でろくに感想は入れられない。Y平すげえ、9枚目だぜ。なんだってあんなに書く事あるんだよ。と気持ちのいいヒソヒソ声が聴こえる一方で、僕は気づいていた。「あ、これ感想文じゃない」と。

 本を丸写しとか。まるで活版印刷技術のない頃の学生である。途中から方針がまずいと気づいてはいたものの、結局時間がなくて書き直すこともできず、そのまま提出した。僕が9枚も書いたということに周りは騒いでいたが、僕と先生だけがこの感想文がどんな感想文より駄作だということを知っていた。また、丸写し自体も時間がなかったため完璧ではなく、物語のラスト50ページぐらいが「そして色々あったけど、きょうりゅうくんはぶ事に家に帰れました。」で端折られていたため丸写しとしても失格の作文だった。その年の国語の成績がよくなかったのは言うまでもない。

 それを鑑みると、これは駄目だ。書き直そうと思える今はちょっと成長したのかもしれない。あの日の苦い経験を糧に必ずこのエッセイを締め切りまでに完璧にすることを誓う。


【ニコ動、実況してました。】

実況一覧

↓ランキングに参加してます。クリックすると投票。↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

Y平さんこんちゃっす!
ツイッターとか見てる限りではお元気そうで何よりですー。

しかし、最近Y平さんとオフ会したくてしかたないっすw
過去日記漁ってたんですけど、いやあ気が合いそうだなとw
いろいろ話したいことありますよぉ~。ニコ動とか小説とかゲームとか!
今年はいけないんですけど、いつか北海道行くんで、そのときは一緒にお酒飲みましょう!

あと、もちっと日記を更新してくださいw 楽しみにしてます!

2011-10-30 21:16 | from はるきち | Edit

はるきち
 よければうちの彼女と一緒に飲みましょうか。ニューハーフショーとか行きましょ。

2012-02-01 01:33 | from Y平

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/462-327b0c88