南京大虐殺記念館に行ってきた - 多重人格

南京大虐殺記念館に行ってきた

 せっかく南京にいるということで行ってきたよ南京大虐殺記念館。もう名前からして負のオーラプンプンで怖い。記念しちゃってるもん。日本人が一人で行って大丈夫か会社の中国娘に聞いたところ「別に大丈夫よー」っつってたのでそれを信じて行ってみた。

 南京大虐殺知らない人のために軽く説明しておく。第2次世界大戦中、南京に進軍した日本軍が南京の人をたくさん殺してしまったという事件。殺された人が軍人のみだったか、市民含めて殺されたか、はたまた本当にそんな虐殺は起こったのか? ていうのは、いまだ日本と中国間で議論がなされている。そのため、うっかり日本側中国側どちらかに傾く意見をここですると、右とか左の人とかその他様々な人がくる。なので僕は何も分からないというスタンスを貫きます。ほんと何も分からないから。来るなよ。来るなって。

 閑話休題。さっそく地下鉄で行ってみた。最寄り駅で降りてびっくりしたんだが、意外に学生やらチャラい若者やらがたくさんいた。一人ぐらい日本鬼子! と怒り狂ってるタカ派の人がいそうで怖い。若者だからこそ逆に怖い。

 入り口はさながら遊園地のよう。ていうか行列すごすぎだろう。たぶん200人ぐらい待ってる。2004年に無料開放されてからというものの、一気に入場者数が増えたらしい。観光ツアーの旗を持った人が10人ぐらいいる。日本で歴史資料館無料開放してもこうはならんだろうな……国民性の違いか。

 行列待ちしている間、となりの水辺に事件時の様子を描いた彫刻が置いてあって面白い。面白いんだがいかんせん内容が「悪魔が来たぞー! と逃げ惑う女子」「悪魔に殺された母親にすがりついたまま凍死する子供」とかとにかく過激。まわりの皆は顔をしかめながらそれを真剣に見つめている。あなたの横にその悪魔の子孫がいるんですが……と思いつつ僕は今日だけ韓国人になることにした。ニポンゴワカラナーイ。


30万人

 入り口には遭難者30万人のでかい文字。この遭難者30万人という単語は施設のところどころに書いてある。この数字が中国にとって重要な意味を持っている事が伺える。


日本語読むと怖い

 平和の鐘みたいなのが置いてあったので何気なく説明文を読む。日本語もあるので助かる。が、よく考えたら説明文の目線でどこ見てるか判明→お前小日本だな! →タカ派急襲という最悪のシナリオが頭によぎったので英語のほうを読む。英語読んでるふりをする。英語よみながらときどき日本語を一瞬見る。なんでこんなことをしてるんだ僕は。

 外はあらかた楽しんだので中。ピラミッドみたいなでかい建物に入る。暗い階段を降りると日本にむちゃくちゃにされた南京の市内の様子が再現されていてお化け屋敷のよう。撮影厳禁なはずなのだがみんな撮りまくりでややウケする。

 次はこの事件で被害にあったとされる中国人全員の名前が彫られた壁が出現。30万個も書いたのか……? と絶句する。スケールがでかい。さらに少し進むと資料展示がでてきた。当時日本の○○が着ていた軍服だとか、日本人が使っていた銃、階級バッジだとか軍刀、当時の日本の新聞などなど日本の資料が多かったのが印象的だ。虐殺当時、日本の「米山商店」で焼かれたトックリ、などという訳の分からないものも置いてあってニヤけた。

 新聞で印象に残ったのが、「百人斬り」の記事。日本の2人の少尉が中国人を100人斬れるかどうかゲームをしている会話が載っていた。「アハハ、俺は105人だぞう。貴様は?」「俺は106だ。いずれか先に100人斬ったかわからんな」みたいな会話が面白おかしく書かれていた。「両少尉、さらに延長戦!!」とかあおりが入っているのもすごい。戦意高揚のためか、事実なんだか知らないが昔の人は大胆な記事を書いたものである。ちなみに両少尉は終戦後軍法裁判にかけられて処刑されている。遺族が2003年に名誉毀損のため新聞社を訴えたが敗訴したそうだ。現在にも様々な想いを残す歯がゆい事件である。

 日本軍が中国人の首を落とす瞬間やら、空襲で死んだ市民達の写真やらだんだんグロいものが展示されるようになってきた。目が回る。というかボリュームが半端ない。もう1時間も経っている。1時間も反日的な記載ばかり読んでいたため気がめいってくる。まわりの中国人を見ると、ろくに説明も見ないままかっこいい銃とかの写真を撮ってたりする。だめだ、僕もそのスタンスでいかないと。目についたものだけをシレッと見つつ進んで行く。関係ないけど中国のおばさんはパツパツのミニスカートとかよく履くけどあれはなんなんでしょうね。などと前の中国おばさんの尻を見ながら歩く。

 尻を見ながらずんずん進んで行くと、いい音楽とともに「私たちはこの事実を抱え共に未来に向かって歩んでいかなければならない」的なメッセージが書かれたでかい石碑がでてきた。ようやく終わりである。なるほどめちゃくちゃ面白かったが、いかんせん内容が日本人にとってきついのと、グロい写真が多いので少し疲れた。まあでもなにが事実でなにが事実でないか、色々考える事は面白い。南京来て一番面白い観光地だったな。

 と、晴れやかな気持ちで階段をおりていくとそこに「忘れるな! 日本の非道!」のでかい文字盤とともに空襲時の映像がこんもり展示された部屋に出た。ずらっと続くグロ展示達。なんでや。さっきいい感じに終わらせにかかってたじゃねえか。何だこの構成。

 結局その後出るのに30分を費やした。でも面白いところなので皆さんも一度行ってみてください。

【ニコ動、実況してました。】

実況一覧

↓ランキングに参加してます。クリックすると順位があがり訪問者が増えて僕がよろこびます↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/477-59f9c50f