子供すごい。大人やべえ - 多重人格

子供すごい。大人やべえ

Y「そういやあ実家に帰った時さ、ちょうどバス降りたら小学生の下校時間とかぶったのよ」

妻「うん」

Y「なんか女子の集団とかの後ろを、キャリーひきながら歩いてるわけ俺。うわ、マジ不審者だわ俺と思ったんだけどさ」

妻「生きにくい世の中やね」

Y「あいつらこんな不審者の俺に、『こんにちはー』とか『さようならー』とか声かけてくるんよ。いや俺は感動したよ」

妻「うわー。すごいね。そういや私もさ、仕事で学校行ったときあったのよ。そんとき生徒に色々場所とか案内してもらって、すげえ感動した」

Y「思ったより子供すげえよな」

妻「子供の頃さ、よく朝礼とかで先生が『お客様が君たちにあいさつをされて非常に気持ち良く思ったそうです』だの、『道案内してくれて助かったそうです。みんなえらいですね』とか言うじゃん」

Y「あ、なんとなく分かった。子供って別にそんなことどうとも思ってねーよな」

妻「そう。はっ、そんぐらい当然だろ何お世辞言ってんだぐらいに思ってたよね」

Y「わかるわかる。え、なんかすごいんだっけそれ? って思ってたのよ。しかるに、俺たちはいつからツイッターやらフェイスブックに書き込まなきゃ気が済まなくなってた?」


【ニコ動でゲーム実況してました。】
ニコニコ動画ゲーム実況一覧

【twitter】気軽にフォローしてください→@yhei_hei

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

ステ振りを間違える

純粋な心の子供は、ある意味では善悪の区別がつかない。とも言える。
大人が良い事をすれば真似をし、悪い事をすれば真似をする。
つまり子どものステ振りはある種、大人のさじ加減である。

何だか聖剣伝説3のクラスチェンジを思い出したよ。



ちなみに僕は「怠惰」に全振りした。タネの使い方間違えたわ。
ちょっと名前を決めるところからやり直すわwwww

2014-10-08 23:20 | from 通りすがる無垢な心

No title

駄目なもんに全振りしたらしたで何か尖ったものが出るもんやで。何か闇のクラスの隠し的な何かがでるでしょうよ。

2014-10-09 21:36 | from わいへい

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/514-49663965