ウサギが欲し過ぎて引っ越す - 多重人格

ウサギが欲し過ぎて引っ越す

ホーランドロップイヤー

 ウサギが飼いたい。ホーランドロップイヤーのウサちゃんが飼いたいのである。

 先日ウサギカフェに行ってきた。ネカフェみたいな個室で60分。指名したココちゃんというウサギと戯れてきた。初めは指名、個室、という暗鬱なワードからソープみたいだなと思っていたのだが、僕の邪気に満ちた心はココちゃんを前に一瞬で浄化された。

 ココちゃんは神掛かっていた。跳ね回ってはしゃぐココちゃん。撫でてもらおうと、寄ってきて頭を差し出すココちゃん。僕の手からエサを食べるココちゃん。食べにくいのか僕の手をペシペシと前足で叩いてエサをたたき落とすココちゃん。一挙一動が可愛いのである。

 それ以来、僕の生活の中になぜウサギがいないのかムカつく日々が多くなった。そんな自分にびっくりする。そういうペット依存の人種を心の奥底で見下してきたのは誰だったか? お前か? 僕だ。

 よくあるじゃない。川島なお美的な女優が自分の犬に対して「ママだよー」とかなんとか。犬相手にママを自称してるのを見ては、ああはなりたくないものだなと思っていた。ペットに没頭するなんて現実世界からの逃げであるぐらいに思っていた。私生活が充実しないからペットに慰みを求めてるのねプスス。ソープよろしく心の穴を埋めるためにウサギだかネコだかの個室カフェ行けばいいじゃないプッスス。個室60分800円コースですぞ、とっても不健全っぽい響きだよ個室○分ってさプススのス。など。

 しかし違う。こう、人には根源的に何かを愛でたくなる時期が来るんだと思う。それが子供だったり、ネコだったり犬だったりする。僕の場合は最初に来たのが金魚だった。気づけば金魚に向かって「ナーちゃんナーちゃーん、エサだよー」などなど猫なで声をあげる30手前が出来上がっていた。川島なお美が見たら気持ち悪がるだろうと思う。しかしそれは同族嫌悪ぞ、なお美。オメーも気持ちわりいからな、おい、なお美。なーにがママだ。それ、犬だぞ。

 しかしもう川島なお美をバカにできない。だってウサギは既に僕の心の中で一緒に生活したい人ランキングに突発でランクイン。選挙だったら急に共産党がバコーンって300議席ぐらい取ったかのような急転直下のランクイン。その意外性。僕自身も驚いてる。
 なんたって飼わないのに3回ぐらいペットショップに行ったし。「この子ならこのケージを飼って〜、ヒーターはこのサイズで〜」などと取らぬ狸の皮算用してたもん。この場合は取らぬウサギか? 木の根っこ? うるさい。とにかく飼いてえんだよ。

 「じゃあ飼えばいいじゃない」と言うそこのお前が僕にはマリーのアントワなんとかに見える。パンがなければケーキを食べれば云々よろしく簡単に「飼えばいいじゃない」とか抜かすけどこのトワネット野郎! 僕のアパート、ペット飼えねえんだよバカたれ。

 ペットショップの店員は「ウサギはグレーなとこ多いんだよね。もしかして飼えるかもよ?」などと営業トークかましてくる。んでアパートの約款を1年10ヶ月ぶりに開いたよ。そこには「大小問わず動物は禁止」と。ええ。でかでかと書いてありました。そういえば大家さん、ここに越してきたときに4回ぐらい「ペットは駄目だからね! 絶対駄目だよ!」と強調してたわ。そのときは「僕は川島なお美じゃありませんからねえ、そんなにうるさく言わなくても大丈夫ですよ」なんてバカにしてたけど、クッソがー! あんだけ強調された後に、「え? ここペット駄目なんですか?」といけしゃあしゃあと言えるぐらいの精神力が欲しい。

 とはいえルールは守らねばならない。なので引っ越す事にしたよ。ウサギ飼いたいから引っ越す言うたらアパマンの田口似の店員も失笑でしたよ。でも関係ねえ。あと2ヶ月ほどしたら新たな土地にどろんですわ。駅近、ペット可、2LDKで安いの。おまけに対面キッチンにウサギのいる生活付きですよ。ぎょえー。幸せ過ぎて死んじゃいマウス。あ、間違えた。幸せ過ぎて死んじゃウサギ。ああ、なんかポポポポーンライクなこの語感。とにかく引っ越すよ。わーい。そして川島なお美、バカにしててごめん。今なら気持ち分かるよ。気づかせてくれてありがとウサギ。ポポポポーン。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

面白い!

昔のようなキレのある文章で非常に楽しめました!

これからも楽しみにしてますぜ。

2014-12-15 10:22 | from 元札幌市民

ころり転げた………

ウチの知り合いにも何人かウサギ飼ってる人いるよ。
大人しいし世話もそこまでかからないしで相当溺愛していたのをTwitterで見かけたのをよく覚えている。

タレ耳の種族だっけ?
あれが可愛いよなぁ、やっぱ。
糞なのかもそこまで臭うわじゃ無いし、下手したら新鮮なものだったら食えるからな!
え?嘘だと思ってんでしょ?え?
こま?バカかよ?う○こやぞ?え?
なんて思ってんでしょ。

山賊ダイアリーっつう作者自身が猟師のほぼノンフィクションの漫画があるんだが、その第一話で食ってらからな!普通に食ってるからな!
食感は粘土みたいで味は保証しないけど、遭難したら是非!って書いてあんねん!
http://www.amazon.co.jp/山賊ダイアリー-1-イブニングKC-岡本-健太郎/dp/4063523918

…まぁ、なんだ、その…。
ペット可の所に移り住むってことは、周りの住人も何かしらペット飼ってる人達がいるかもしれないってことだよな。

アホ犬がいて夜中吠えまくるとか、ハムスターが夜中に滑車ではしゃぎまくって、エレクトリカルパレードしてたりとかそんなことにならなきゃいいな…。

2014-12-15 10:22 | from 通りすがりのげっ歯類

No title

元札幌市民様>
うぎゃーありがとうございます! 久しぶりに自分を解放したなって感じしました。
褒められると嬉しいのでもっと褒めてください! というか昔から読んでる方ってまだいらっしゃるんですね。。。ありがたいことです。これからも宜しくお願いします!

通りすがり様>
うさぎのクソって食べれるクソとほんとのクソがあるってウサギ本に載ってたわ。奴ら自分のクソを食べるんだよ。でもあれは牛が反芻する感じで、栄養の残ったクソをもう一度食べる事でより効率的に栄養を取ろうっていう話らしいぜ。

その人が食ったのがどっちのクソかしらないけどな。
君食べてみてよウンコ。

そうさなあ。アホ犬とかいたらやべえな考えてなかったw まあでも札幌はね、本州と違って防音防寒ですごいのよ。熱も逃さなきゃ音も漏れないのさ。だから大丈夫! たぶん。鉄筋だし。……やめてよ!

2014-12-15 21:51 | from わいへい

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/573-bc9aa8fe