実家帰省時のふるまい - 多重人格

実家帰省時のふるまい

 妻とともに実家に帰省しております。

IMG_20141227_222834.jpg

 帰省中のため更新が滞るかもしれません。すみません。

 誰に向けての「すみません」なのか僕は自答する。僕は誰もいない壁に向かって話しかけているというのに。年末にいちいち僕のブログに来る人なんていません。知っているんです。でもコメントくれないかなーってチラチラお前達の方を見ているぞ。ずっと見ているぞ。

 それはともかく。妻と帰る実家はやはり独身時代の実家とは違う。こう、嫁とか姑とか。どこまで嫁は家事をお手伝いすればいいの? とか。気を使うシーンで満ち満ちている。

 全自動で洗濯から食事まで世話してくれる実家にいると、なんやらこんなにやってもらって申し訳ない的な。そんな気持ちでいっぱいになるわけです。僕でさえそう思うのだから嫁のほうは余計にそう思うわけ。

 「手伝った方がいいかな?」

 しかし過度に手伝ったりするのは姑のプライドやら家事の領分があるので難しい。そうじゃなくても僕の母は皿洗い手伝おうとする嫁に向かって「皿割られても困るからいいわ」と言い放った剛の者である。余計センシティブな扱いをしなきゃいけない。

 そんな空気感の中。僕はハラハラである。正直言うとめんどくさい。もっとこう、腹が減ったときには「ハラヘッタ」。飯を食えば皿も洗わずに鼻くそをほじり、「今日のご飯いまいちだったよねー」ライクな。実家にいる息子の典型を貫きたい思いもあるにはあるのだけれど、それをするには僕は大人になりすぎた。

 去年帰った時はその辺を考えず、僕があまりに実家にいる奔放息子を演じ通してしまったものだから、妻の心に多大なる傷を残した。妻が「もうやだ」と僕に呪詛を吐く一方で、実家モードの僕が「なんでさ!? 僕はこんなに楽しいのに!? 気分壊れた!」とゴミの様な言葉を妻に投げかけていた。おかげですっかり妻は僕の実家に行きたくない病にかかっていた。

 結婚が当人達でクローズする話だったらいかに楽か。年始の挨拶。年賀状。親戚。振興を深める飲み会。おとそ。全てぶち壊したい。実家中の皿を割り、大掃除中のワックスを階段にぶちまける。そして姑兼僕の母の顔に、北海道から送ったタラバガニを押し付けたい。タラバの刺で顔中血だらけのうちの母兼姑。

 結婚してからというもののなんつーの、行事? めんどくさいんだよ! 僕は友人と徹夜でマリオカートやりたい。徹夜でボンバーマンやりたい。

 しかし実家でしょんぼりしている嫁を見るとやはり助けたい。少しは成長した僕。なので嫁をあまり一人にしないようにしよう。一人にしないということは? 風呂も一緒に入るのである。実家で。いや実家だからこそ。

 んで嫁と一緒に実家の広い風呂で一緒に風呂入ってたんですわ。それは新婚だからイチャイチャしてるっていうよりは、嫁を一人にさせたくないっつー親切心。いやまじで。両親寝てたし。どうせなら楽しく風呂入って嫁のストレスを緩和させてやりたい。だから風呂に入ってたのである。一緒に。

 そしたら急に風呂場に弟入ってきましてん。すげえびっくりしましてんお互い。弟も焦ったのかコンタクトケースガチャンガチャン鳴らして。俺もフリチンのまんまなぜか歯磨き粉を手にしたり離したり。湯船の中で嫁は縮こまる。すごい空気。だから俺、弟に向かっていっちゃってん。

 「よ、嫁と実家で風呂入るのって緊張すんな」

 空虚な空笑いが弟から聴こえた。助けて。もう実家帰りたくない。今すぐ札幌帰りたい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

大人になるということ

なんというんですかね、これは。
親からすれば、子供が結婚しようが孫が出来ようがいつまで経っても"自分の子供"であることには変わりないんだよね。

だから、変な言い方をすれば自分の可愛い息子を女に取られた!
という極端な偏見があってもおかしくないわけで、皿を〜の下りも半分冗談混じりにしても、無意識下ではちょっとした嫉妬を覚えているかもしれないね。そゆこと。

だからと言って誰か悪いとかそんなことはなくて、ごく自然のことなんだなぁ。
それにまだ慣れていないってこともあるし、ここはひとつ仲良くなるようなイベントを企画するのもいいんじゃないかなと。

人が結束を固める時は共通の敵がいる時、とも言うしね。

2014-12-29 11:31 | from 通りすがりのドラ息子

No title

嫉妬してるのは少なからずあるかもしれないわ。

仲良くなるイベントは向こうが自主的に開いてくれる。
飲み会とか飲み会とか飲み会とか。んでしこたま飲まされて死にそうになる。
んでもなんだかんだ楽しいかもしれん。そんな気がしてきた。

大人っていうかあれだ、結婚して立場が変わったんだよね。
君も早く地に足をつけなさいな。というか一人暮らしをしてから実家に帰ってみ。
なんか雰囲気変わるぜ。

2014-12-30 11:52 | from わいへい

家賃の前にローンポイ〜

一人暮らししたいけど、ボロ安アパートの家賃並みのローンをお車につぎ込んでる時点で詰み、大手、飛車角落ちですわ。

現実的な話をすると、手取りて30マソ前後ないと一人暮らしは無理ゲーの鬼畜ゲー、人生ハードモードで一周回って隠し難易度カオスです。

するならば、全てを捨て去ってダーマ神殿という名のハロワ的なゴミダメ浮浪者満載の施設でレベルを1からやり直さないといけないね。そう、遊び人から真面目で実直な戦士辺りにならないとお話になんないよ。それもタネは全部"ちから"への極振り。脳筋クソバカバーバリアンですわ。

てなわけで、一人暮らしするならレベル1から。それかパートナー見つけて一緒に死ぬまでの冒険、だね。

大魔王?何言ってんの?大魔王なら隣にいるっしょ。

2014-12-30 17:02 | from 通りすがりのぬくぬく温室

No title

突っ込みどころしかないけど一カ所苦言を呈するわ。

>現実的な話をすると、手取りて30マソ前後ないと一人暮らしは無理ゲーの鬼畜ゲー、
>人生ハードモードで一周回って隠し難易度カオスです。

手取り30万あったら4人家族養えるからね。30歳でその金銭感覚やばいぜ。
それに車のローンが言いますけど収入分かってんだから安車買えよ。
俺たちのMOVEなめてんのか。ただ同然ぞ。

言い訳しないでキチンと動きなさいよウンコ虫!!

まあブログでする話ではないわ。

2014-12-30 22:37 | from わいへい

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/584-f19d2905