引っ越しの一括見積もり功罪 - 多重人格

引っ越しの一括見積もり功罪

 引っ越しするので引っ越し業者に訪問見積もりを出したと言った。今日が一斉見積もりコンペの日である。数社の引っ越し業者が一同に僕のアパートに集結、おのおのの思いの丈をぶちまける日。さながらトヨタに群がる部品メーカーのプレゼンの様相。各社、全力の品質とコストのせめぎ合いを引っさげやってくる。

 午前9時。先行の2社がやってきた。一人は愛想のいい若手、一人は主任と称した営業は愛想ではなく中身だ体の中年。どうでもいいが中年のほうはタバコ臭かった。禁煙をせねばと僕の頭にも引っ越しとは関係のない緩いはちまきが締まる。

 若手のほうはとにかく礼儀正しく、世間話もはずむはずむ。タバコのほうはどちらかと言うとお話は苦手そう。ふふん。また若手のほうは、「一括見積もり依頼されたんですよね? あれ本当に営業電話いっぱいかかってきて大変でしたでしょうー? いや、ほんとすみません」と営業のしつこさを事前に労うファインプレー。苦労をわかってくれる人に僕たちの心は掴まれます。更に言えば玄関の電気を自主的に消したのも若手でう。タバコのほうは玄関の電気つけっぱなしで入ってきた。もう勝負は始まっている。コスト、品質に差がなければ最後は営業さんの印象だけで決まるこの世界。「あの営業さんがよかったから契約しました!」というのは営業が喜ぶ至上の言葉であり、よく新卒説明会で謳われる新卒殺し文句である。にくいぜ若手。いい仕事しよる。

 結果品質、サービスにほぼ差がなかった。むしろ若手の会社のほうが品質、サービスに分があった。しかも安い。玄関の電気も消す。心証、中身ともに申し分ない。ただタバコのほうも負けていない。少しだけ高い以外は問題が無い。というかどちらも安すぎた。大手だけどこんなに安くていいの? むしろこれでどうやって利益を出すのか。ニコニコの二人は会社をつぶしにかかってるんじゃなかろうか。おそらくこれが同日に見積もり訪問をするメリット。お互いにつぶしあい利益ギリギリまで勝負してくる。

 にこやかに若手とタバコを別れて次はもう一つ大手の営業さんが入れ替わりでやってきた。こちらは現場上がりの営業さん。精悍な顔つきに現場を知ってるという自信があふれる。現場上がりは一通り部屋を見回し見積もりをピコンとはじく。すごく……現実的なお値段です。そうだよね3人も社員呼んで、トラックも用意したらこのぐらいの値段になるよねって額。お値段は若手とタバコの1.5倍くらい。高いのが悪いとは言ってない。若手とタバコが安すぎる。このお値段だとバイト代だけで赤字になるレベル。なんか逆に不安になってきた。「実は若手さんの会社はこのぐらいでして」と若手の置いて行った見積もりを見せると現場上がり、目を丸くして「これは……どこで利益とるんですかね……?」と一言。僕もそう思います。

 というわけで現場上がりとは、若手とタバコの値段がいかにクレイジーかを現場観点から語るという謎の談義に終始した。帰りしな、「うちは……手をひきますね」としょんぼり言っていたのが印象的。同感。若手とタバコの会社がクレイジーすぎるのである。しょうがない。これにて全社見積もり完了である。

 さて、じゃあ一番値段が安クレイジーで高品質な若手に電話しようかなと思ったら、タバコから電話が来た。今更なんですか。「どうでした、うちも他の業者に比べれば安かったですよね。ただ若手さんのところはねー。ということで特別に若手さんより安い○○円でどうでしょ!?」と更に押しの一手。最初の値段ですらクレイジーなのにさらに7がけしよった。あまりに安すぎて「いや、それじゃ……利益でないんじゃ」と思わず伝えると「大丈夫です! ただ、今! 今決めていただければ○○円です! 返事ください! ナウ! ナウ!」とすごい。今返事しないとだめってちょっとした悪い商法じゃないのか? といっても○○円は安い。ならタバコさんのところでって返事した。「じゃあ明日段ボールとか送りますね!」明日て。マジで。

 正直若手の方が心証がよかったため、ちょっと残念だなと思いつつ若手にも断りの電話を入れる。留守であったためひとまずタバコさんのとこに決めましたとだけ言づてして切る。はあよかった。これで心おきなく引っ越せるとほっとしたのも束の間、しばらくしたら若手から鬼電キタ。

 「うちなら△△円でできますよ!!!」

 え、それって若手さんの日給にも届かないんじゃ……え? 待ってくださいね。これをタバコに伝えますんでとタバコに電話。タバコ臭い息を飛ばしながらタバコが清水の舞台から飛び降りる。

 「じゃあうちも△△円!!」


 ということで、当初僕が考えていた予算の4分の1ぐらいで引っ越し出来る事になった。具体的に言うと諭吉が2枚でおつりが来る金額。明らかに安すぎる。大手なので信頼しているが、こんなことやってたら日本経済は停滞するわなと日本と当日の引っ越しを憂いている。安ければ安いほどいいが、非現実的なほどに安いと不安になる。あとでつぼとか買わされても僕に断る勇気はない。引っ越し業者怖い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

"かける"は数字と甘い電話

なにそれ、怖い。いつぞやの某牛丼チェーン各店の価格破壊戦争かのような修羅場。

帰った後にこっそり電話かけてきて、もう一度営業かけるなんて常套手段ですやん。ずるいわー。
「お客様だけに特別で」のコピペと同義ですわ。
もちろん安いのが悪いとか、この手法が悪いとかじゃなくて上手いこと言葉の心理と真理を付いてるなぁって思うわ。
日本人なら尚のこと上手くやられそうなシステムだなあなんて愚考が巡った。

2015-01-10 20:40 | from 通りすがりの安月給

こ…怖っ!

2015-01-10 21:02 | from K平

No title

通りすがり様
確かに欧米の人がそんな風に営業するとは思えないな。

K平くそ
一回やってみるといいよ。これはこれで楽しいから。

2015-01-11 21:38 | from わいへい

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/594-44f486df