ジム de AV男優 - 多重人格

ジム de AV男優

IMG_20150111_134301.jpg


 2ヶ月ぐらいジムに通ってる。昨日も西区体育館に行ってきた。

 区営だけあって一回390円、回数券だと6回1950円という破格の安さである。以前も僕は私営のジムに通ってた事があるが、そのときは1ヶ月8400円。しかもジムに行くのは3ヶ月に1回ほどで、もはや通ってたとは言えないし、完全にお金をドブに捨てていた。

 でもでも、390円なら変なプレッシャーもなくのびのび出来る。その安さ故、おじいちゃんやら学生やらが来てノンビリ汗を流す。いい空間である。

 今日ものんびりバンプアップ。ジム効果のせいか、最近にわかに体がでかくなってきた。腹筋も割れてるし。腹筋割れてるプログラマーってかっこよくない? 自己陶酔。今日もムキムキ腹筋やって妻に腹筋自慢するんだ。っつって、マシンでガションガションやる。ふう。いい汗かいてるわ。

 「あーっす、あー……すあーーーっす!」

 僕やおじいちゃんがのんびり筋トレをしていると、突如響き渡るAV男優みたいな声。なんぞと思って見回すといかにもなガチンコおじさんが筋トレをしている。

 「すーあーーーっす! あああぁーー……っす!」

 いつもならよぼよぼのじいちゃんばあちゃんが、平和に筋トレしているのがこのジムの日常である。が、今日はガチ勢が来ている模様。ガチ勢は汗をダラダラ、僕の2倍くらいのウェイトで必死に筋トレにはげんでいる。

 悪くない。別に悪くないのよガチ勢は。でもその大声やめてもらいたい。なんで区営のこんなショボイジムに来ているのか。コナミスポーツとか行きなさいよアンタ。

 「あああああああああああーーーん! んーああーーーっんっっすっす!」

 逝ったんじゃないかと思うほどの絶叫をひびかせるガチ勢。その傍らでは綺麗なねーちゃんが冷ややかな目線をあびせている。どうやらガチ勢の彼女らしい。レッグプレスを終えた後、ガチは彼女の元に戻り、手取り足取り、正しい腹筋の仕方などを教えていた。そのときのねーちゃんの目。テンションの高い中山キンニクンにドン引きする客みたいな目をしていた。

 まあガチは放っておいて、僕は僕のペースで筋トレするのみである。ベンチプレスをもくもくと続けていると、横に誰かの気配。誰? と思って見上げるとさきほどのガチおじさんだった。

 「君、ベンチの高さは大丈夫?」

 どうやらベンチプレスのグリップの高さを気にしているらしい。あ、いや、全然大丈夫っす。僕はガチおじさんに愛想笑いを返すと再びベンチプレスを開始する。

 「いよーーっし、いい力強さだ!」

 ガチおじさん、僕の筋トレを見ながら満面の笑み。いや、え? 何この人?

 「高さ、大丈夫だった? ちょっと高めだったんじゃない?」

 ベンチプレスを終えた僕に話しかけてくるガチ。はあ、そういえば気持ち高かったかもしれない。僕はマシンに近づきガチに向かって「これどうやって高さ変えるんですか?」と愛想質問をしてみる。するとガチ、マシンに近づく僕を静止し

 「あー、駄目駄目! ちょっとインターバルおきなさい! いっぺんにやっちゃ駄目!」

 と注意してくる。いや、えっと、グリップの高さの変え方を……はい。


 その後、筋トレ中、度々ガチおじさんは僕に話しかけてきた。「スポーツはやっているのか?」とか「いつもウェイトはどのくらいか?」とか「呼吸がだいじなんだ。すーっはーっつって」とか。ガチはものすごい笑顔で腰に手を当てながら僕に話しかけてくる。いや、いいんだよ。でも僕は誰にも干渉されずに筋トレしたい。黙って筋トレして黙って帰りたい。

 ガチに話しかけられながら一通り筋トレを終えた僕はジムを後にする。背後に

 「あーーっす!!!! んなーあーあああっす!!」

 というチョコボール向井みたいな声が響く。いやだ。来週もこの人に会ったらどうしようと思うと2ヶ月続いているジム通いが途絶える危機感がわいてきた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

すまないがホモ以外は帰ってくれ!

あーーーーーっす!あわわああぁすッ!

そういう輩はどんな業界にもいるもんだよね。
自分ががある程度出来てくると、自分よりも出来ていない、又は初心者っぽい方にありがた迷惑な指導してくる輩。
別にそれが悪いことではないんだが、何かもう少し違うアプローチの仕方があると思うんだけどな。

H✖︎HのGI編後半に出てきたゴリゴリのバレーボールの選手みたいな、そんな奴なんだろう。

僕も一時やっていたよ、筋トレ。
なんでもそうだけど、モチベーションを保たせるのが大変なんだよね。
半年くらいで次第にやらなくなっちゃたもん。
それに、満遍なくやる筋トレと違ってダンス、特にbboyingで使う筋肉って上半身の上腕二頭筋及び、上腕三頭筋中心だから変な付き方するんだよね。
おかけで服に困る始末。

筋トレするなら満遍なく。
ある意味ガチバレーボールおじさんは間違ってないよ。
仲良くなってプロテイン談義でもすればいいよ。
新しいネタが増えるよ、きっと。

2015-01-12 12:10 | from 通りすがりのダンサー

No title

はんたーはんたーのバレーボールの奴っていうたとえが的確すぎてワロタ。

2015-01-15 20:55 | from わいへい

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/595-4bb48b6f