4月25日 劇団四季 CATSを観に行く - 多重人格

4月25日 劇団四季 CATSを観に行く

 昨日の昼寝しない作戦が効いたのか久しぶりに早く寝る事ができた。夢も観ず。熟睡出来たと思われる。

 起きたら朝10時半。しかしすげえ眠い。早く寝ても眠いものは眠い。どうすればいいのか。

 とにもかくにも今日は結婚記念日である。結婚して2年。あっという間だ。苦しい時も多かったけど良い事もたくさんあったような気がする。

 結婚記念日だからというわけではないが今日は劇団四季のCATSを観に行った。なんだかんだ劇団四季は毎年見てる気がする。ライオンキング、美女と野獣、どれも面白かったのでCATSも期待していた。

 したら寝た。だってストーリーないもの。野良猫集団の中で今年のMVP(ジェリクルキャッツとかいうの)を決めるみたいなストーリー。だれがMVPにふさわしいか候補者皆が一芸を披露していく。劇と言うよりはショーを見ている感じ。歌って踊って、素晴らしい音楽。さあ誰のパフォーマンスが一番いいでしょうと。そう、パフォーマンス自体は素晴らしかった。でも僕は美女と野獣ライクなストーリーもあるのかと思って観に来てたからストーリーないんだって気づいた時は既に食傷気味。まあ純粋なミュージカルってそういうものなのかもね。でも終わったときにはなんか爽快感があった。だからやっぱりすごい舞台には違いなかった。ただストーリーがないってだけ。In to the woodsに近い物がある。ストーリーとしてはつまらないけどすごい的な。いやそもそもストーリーは重要じゃない。最初からストーリーに力は入れてない感じ。

 劇団四季を観た後は札駅でショッピングと洒落込んだ。4年ぐらいはいてるチノパンがさすがにくたびれているので新しいパンツが欲しかったのだ。んでショッピングしてたら僕のクタクタチノパンがちょうどその店のブランドだったらしく、「あ、そのパンツ、すごいですね。懐かしいですねー!」と店員さんに言われた。懐かしいって。ギリギリな発言だと思う。

 晩飯にはなまる寿司を食って帰ったら10時。ウサギの茶太郎君がご立腹。いや、ご立腹を通り越して体調崩してた。微動だにしない。「なんでもっと早く帰ってこないんですか……?」と無言の抗議。うんこも小さくなっててびびった。こいつちょっと遅く帰っただけで毎回こうなんだろうか。ホーランドロップは特に寂しがるらしい。寂しがるだけならいいが、体調まで崩すのでタチが悪い。ごめんごめんときわめて低姿勢にご機嫌とり。お土産に買ってきた乾燥ブロッコリーの葉とパパイヤの葉をあげたら、うますぎたのかソファーにオシッコを漏らす始末。なんて感情豊かな動物なんだもう。ほんとめんどくさい。そういうところが可愛いとか全然思わない。ほんと大迷惑です。プンプン。あーん茶太郎くーん。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

ハクナマタタ

ミュージカルというものを僕は一度も見たことはない。
ただ、果然興味はある。すごく見に行ってみたい。
こと、劇団四季に関しては名古屋は伏見にも大きな劇場がありいつもダンスの練習後にその横を通るのである。
汗まみれのタイツを全身に纏い、これまた汗臭い演技と歌を披露するのだろうと考えるだけで胸熱である。
僕らのショーケースとは比べ物にならないくらいのクオリティなんだろうなと、若干の対抗心を燃やしているのだ。

その昔、めちゃイケのオファー企画で岡村が劇団四季のライオンキングにハイエナ役で主演するというものがあって、テレビにかじりつく様に見ていたのを思い出した。

壮絶に過酷なフリ(ハイエナダンス)の練習をする岡村に尊敬と憧れの目を向けていたものだ。
結果として奇跡的な完璧演技をこなし、最後の幕引き時にはブレイクダンスをかます岡村に衝撃を受けて、今のダンスを始めるほんの小さなキッカケを与えてくれた事にも感謝している。

劇団四季、一度は見てみたいものである。
また、全く関係なくはないのだが年を取ってからか、演芸物に興味が湧き、歌舞伎、落語などといっ大衆演劇も一度も小さな見てみたいと思う。
歌舞伎の演劇の合間に出る幕の内弁当を食べたいのだ。
きっと美味いに違いない。うん。

春の夜風に当たりながら、彼女の部屋のベランダでブログのコメントを書くキモヲタであった。

2015-04-26 01:33 | from 通りすがりのオノロケマン

うちのインコも一泊するだけで、いつも胃潰瘍になって全く元気無くしてましたね。帰って来れば次の日にゃ元通りでしたけど。ホント動物は感情豊かっす。

2015-04-27 21:40 | from ぐwもる

No title

ぐwもるくん
インコも? すごいな。失礼ながら胃潰瘍が鳥類にもあるんだってびびってる。
大抵ペット飼う人って犬ネコ以外は知能が劣るみたいに思ってる人多いけど、犬ネコ以外も感情豊かだし繊細だよね。

2015-04-29 15:47 | from わいへい

ディズニーの美女と野獣が好きで、数年前に劇団四季も観ました(^^)本題と関係ないけど変身の場面のイリュージョンにビックリしました(笑)
そして私もコザクラインコっていう鳥を飼ってたんですがやっぱり一日家空けるとしらっとした目で見てきましたね〜
あと携帯電話に嫉妬して攻撃してきました
小さい彼女かって感じでしたよ

2015-05-02 00:55 | from あかり | Edit

No title

あかりさん
インコ可愛すぎwww なんですかね、意外に頭いいんですね奴ら。
CATSもはや着替えや、キャラの突然出現などイリュージョンがかなりあって面白いですよ!

2015-05-03 08:31 | from わいへい

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/623-036b7e1a