たばこが俺で、俺がたばこで - 多重人格

たばこが俺で、俺がたばこで

死んだ目でタバコを吸う人たち


 タバコが大嫌いである。巻き紙の燃える匂いはけむたくて、服にも不健康な臭気が付着してまるで悪臭の鎧を着ているかの様な心持ちがしてはなはだ不快である。

 何より、タバコを吸った後の自分の吐く息。アンモニア臭というか生ゴミというか。あの臭いのせいで俺は妻にキスする事すらためらう。愛する妻を存分に愛でられない苦しみ。タバコの鎧のせいで近づくのも嫌がられそうで怖い。夫婦関係は冷えきっていく。

 ではなぜ今俺はタバコを吸っているのか。俺がタバコだからだ。


 初めてタバコを吸ったのは中学のときだった。野球部の後輩に指折りの悪いのがいて、「Y平もどう?」と勧めてきたのだ。

 「てめー! その口の聞き方はなんだ!!」と怒鳴りたかった。後輩のくせにあだ名で呼んでくる無礼な態度に腹を立てた。でも相手は後輩とは言え不良。チキンな俺は、「ああ、それじゃあ一本くれるかな?」なんてスラムダンクで言えば木暮のような優しい笑みを浮かべながら一本もらった。

 マルボロだった。「吸いながら火をつけるんだよ」とこれまた先輩に向かってため口。完全になめられている。が、しかしこの一本を吸う事に意味がある。マジメでつまんねー先輩だと思ってたY平が、後輩の悪い誘いにも応じてくれる包容力のあるY平にステップアップ。一生ついて行きます! 的展開にならんとも限らん。なので吸った。

 灰の味がした。「げほっげほっげほ!!」と激しく咳き込む。なんだこれは。嗜好品っていうレベルじゃねーぞ。ひとしきり胸をたたきながらゲホゲホやっていると、後輩がにやけがおで言った。「まだ早かったっすかね?」

 ぶん殴りたかった。あと背が20センチ高くて、筋肉ムキムキだったとしたら。


 二度目の挑戦は大学生の頃だった。その頃僕はコンビニのバイトリーダー(笑)をやっていた。一緒にバイトに入った女子高生と休憩室で雑談をしていたときだ。女はおもむろにクールブーストを取り出すと、プカプカやり始めた。女子高生が馴れた手つきでタバコを吸い始めたのには内心ぎょっとした。場末のスナックで足を組みながらスパーッとやるママのように女は煙を吐き出した。

 思い返してみればその様はタバコを楽しむといったよりは、タバコを吸っている自分を楽しんでいるようだった。かっこつけだ。女子高生は俺に挑発めいた目を向けている。「何? 未成年がタバコ吸ったぐらいで騒ぐの?」と言った風情。こいつはかつてのガチヤンキー後輩とは違う。比較的善良でか弱い女子高生、でもちょっとレールから外れてみたい。いわばニワカである。ふかしタバコでもあった。ちょろい。かのようなものに何も言えないのであればそれは俺の敗北である。

 「一本ちょうだい」

 精神的敗北感を覚えながら、俺はクールブーストに火をつけた。肺まで一気に煙を吸い込む。目の前がやや黄色黒くなる。ヤニクラだ。しかし咳き込まなかった。それにメンソールだからか灰っぽくないのもよかった。俺は上機嫌で女子高生とタバコを吸いながら、「今日のピザまん余るといいねえ。持ち帰るから」だなんて他愛のない話をしていた。


 それから自分で買ってタバコを吸い始めた。本数は1日3本と決まっていた。何かの小説の中で主人公がそう決めていたからだ。いかにもファッション的でいい。友達と喋ってるときに、「あ、おれちょっとタバコ」といって席を立つのも誇らしかった。そう、あの時の俺はまだタバコではなかった。

 社会人になって数年経った。社会人とは不思議なもので、タバコを吸いに席を立っても特に文句は言われなかった。それどころか先輩など「休憩する」とか言って堂々とタバコを吸いに行った。タバコなら休憩してもいいんだと思った。

 そして今。俺は何をするにもタバコが手放せなくなった。メール1本打ったらタバコ、10行コーディングしたらタバコ、電話をとったらタバコ、皿洗いをしたらタバコ、金魚にエサをやったらタバコ、風呂掃除をしたらタバコ、起きたらタバコ、寝る前にタバコ、寝付きがよくないとタバコ、タバコタバコタバコ。


 そうして俺はタバコになった。もはや俺の本体はタバコである。タバコが俺を生かそうとしてくる。もしあなたが俺が吸ってるタバコをとりあげて踏みつぶしたとしたら俺は一時的に死ぬだろう。しかし我が家に戻ればカートンの山。俺が死のうと第二、第三のタバコ(俺)があなたを不快な煙地獄にひきずりこむ。その中心、もやもやとタバコのもやで包まれた中心で。ホームレスみたいなタバコ臭を放ちながら俺は叫ぶ。タバコを口にくわえながら叫んでいる。「俺(タバコ)を殺してくれ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

煙と長いものには巻かれろ

タバコなんざ百害あって一理なしとはよく言ったもので。
言う奴に限って、重度のスモーカー大佐なんだよなぁ。

そんなものよりだなぁ…!
あ、いや…この話はやめておこう。
二番、三番煎じもいいところであるが故。

2015-05-30 00:14 | from 通りすがりのヤニカス

タバコが吸えたらいいのに

確かに、タバコを吸わない私は、飲み会等でお気に入りの服にヤニ臭が染み込むと帰宅後いやーな気持ちになるなぁ。

特に自分が不本意の職場飲み会(毎日、顔合わせてる人とプライベートタイムまで突入するのも不快)だと尚更!

話は脱線するが、30を過ぎると時間がとても貴重。ずーっと家に引きこもって執筆したい。職場の飲み会に参加してると、無駄なお金は使うし、大事な時間が奪われる。いや、時を刻んで命を削っている!

働くこともタバコも命を削ってる!
だから、タバコは、吸ってもいいんじゃないか?

2015-05-30 00:21 | from M本

No title

通りすがりさん
お、めずらしく長話をやめたぞ。雨が降るぞ。

M本さん
いやいや、たばこなんて吸うもんじゃないですぞ。
しかしお姉さんよほど職場がやなのね……
メンタルやらない程度にご自愛をば。

2015-06-10 18:56 | from わいへい

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/642-7a768b72