ウサギが食べられる雑草をイナカで採取して実際に食べてみた - 多重人格

ウサギが食べられる雑草をイナカで採取して実際に食べてみた

17-1_うおお



2_あほ面Y平_tori

どうも、Y平です。
写真からお察しのようにメンタルがアレしたので実家で休養中です。

休養して最初の1週間ぐらいは仕事に行かなくていいという解放感から
精一杯エンジョイしてたのですが、1週間超えたあたりでものすごい虚無感に襲われました。

ニートも1週間すれば危機感が沸くとはよく言ったものですが気持ちものすごいわかる。
本当に本当にやることがない。

あまりにやることがないので、昼間のワイドショーを見ながら
スマホで写真を見つつ、あのときはよかった。このときは輝いていた。などと過去の栄光に
想いをはせていたところ、一枚の写真を見つけました。


2-1_野草を食べるウサギ

うちの愛兔、茶太郎の写真でした。

実にうまそうに雑草を食べてます。あのときは雑草をしきつめたゴザに飛んでいき
イキイキと雑草を食べてたなあなどと思っているとふと、疑問が浮かんできました。

雑草って本当においしいのかな?

ウサギは他の動物と比べると比較的グルメと言われています。
そのグルメウサギが旨そうに食べるんだから、
もしかしたら普段気にもとめない雑草に
人間の知らない至高の味が秘められているかもしれません。


ということでウサギが食べる雑草を実際に食べてみました。



雑草を食べるための3つのルール


1. ウサギが食べれるようなコンディションのよい草を探す。
  クスリや犬の糞尿がついてそうな場所のはNG

2. 人の土地で雑草を取る際は必ず許可を取る

3. 取った雑草は残さず食べる



雑草を探そう


3_田舎1

幸いうちの実家はとんでもないイナカなので、雑草探しにはうってつけの場所といえます。
散歩がてら実家付近をブラブラと歩きます。ちなみに平日の昼間です。
30のオッサンがビニール袋片手にブラブラしてるさまは中々のアレです。

ご近所に変な噂が立たないように祈りつつ歩いていると
さっそく第一雑草を発見しました。

5_ペンペン草

ペンペン草です。

6_枯れたペンペン草

アスファルトにおいてみるとよく分かりますが、黄色いです。
農家を営む方が多いので、田園のそばは軒並み草枯らしがまかれていて
枯れた雑草しかありません。

9_草からしの威力2

10_草からしの威力

枯れて佇む雑草が実に哀愁を漂わせます。
一見緑豊かに見えるイナカですが、
人間の都合によって根こそぎ枯れさせられ、死んだ枯草たちでいっぱいでした。

しばらく歩いているとこんなものも。

11_産業廃棄物1

12_産業廃棄物2

13_産業廃棄物3


車は意味が分からない。
打ち捨てられ草ぼうぼうになった空き地には不法投棄された廃棄物の山。

なんなんでしょう。
緑豊かだったはずのイナカはかりそめの緑にあふれ、
こうしてダークサイドな部分をまざまざと僕に見せつけてきます。

14_阿部総理

「地方こそ成長の主役」
と自信を持っておっしゃる総理の目に、こうした地方の現状は届いているのでしょうか。


こうしてややダウナーな気分で歩いていると、
それでも雑草たちは強く強く生きていました。

15_道端のシロツメクサ

シロツメクサ。

16_道端のナズナ

スギナ。

17_道端のヨモギ

ヨモギ。

草枯らしの魔手から逃れた雑草がけなげに揺れています。
雑草魂とはまさにこのことと勇気づけられる想い。

さて、では摘むかと手を伸ばしてふと気が付きました。
ここは犬の散歩コースのメッカなのです。
幼少期、犬を飼っていた僕もこの田んぼのあぜ道で犬におしっこさせたりしてました。

そう、この辺の雑草は犬の糞尿がついている可能性が高い。
あいにく僕にスカトロの趣味はありませんし、
犬の糞を人間が食べたらどうなるか分かったもんじゃありません。

試しにgoogle先生に「犬の糞 人間 食べたら どうなる」と質問してみたところ
回虫が寄生し失明の恐れがある
との回答をいただきました。こええ。


さて困った。
田んぼのあぜ道がダメとなると、できるだけ犬の散歩コースとは離れた
しかも草枯らしがまかれていないという条件の場所を探す必要があります。

19_私有地の畑

ふと見回すと、私有地と思われる畑が目によぎりました。

これしかない。ポンと手を打った僕は次の手に出ます。


人んちの雑草を分けてもらおう


20_突撃取材1

目の前には民家。その民家の手前の駐車場と思われるところにシロツメクサが敷き詰められています。
あの家の人に頼み込んで、シロツメクサをゲットしましょう。

時刻は平日の14時。一息ついた主婦たちがワイドショーを見てる時間です。
出てくれる可能性が高い。僕は飛び込み営業の気持ちでインターホンを押しました。

ピンポーン。


20_突撃取材1_アイコン

  はい。


インターホンにはカメラがついていました。
やべえ、スーツでこれば良かったなどと思案しつつ挨拶をする。

0_Y平アイコン

  どうもこんにちはー。わたくしWebライターのY平と申しますー。


20_突撃取材1_アイコン

  はあ!?


妥当な反応。

平日の昼間、
よくわからないオッサンがビニル片手に訪問してきたらこうもなります。

ここで心が折れたら企画が成立しないので粘ります。


0_Y平アイコン

  あのですね。今ウサギが食べられる雑草特集をやってましてー。


20_突撃取材1_アイコン

  うち、ウサギは飼ってません


0_Y平アイコン
  いえいえ、セールスとかじゃなくて。
 実はお宅の駐車場にいーいシロツメクサが生えてまして。
 できれば、それを少し分けていただけたらと思いまして。



僕の人生の中で「いーいシロツメクサ」という単語を発する機会が
来るとはこの日まで思いませんでしたが、どうにかこうにか
セールスではない、ただ雑草が欲しいだけだということを理解してもらえました。

そして雑草が欲しいだけってどういう状況? と自答し始めてるところで奥さんから
残念な回答が。

20_突撃取材1_アイコン

  あそこの駐車場、うちの土地じゃないんだわ。


どうやら別の人が持っている土地で、その土地が誰のものかもわからないとのこと。
ちなみに車も別の人のものみたい。
どうにか連絡先わからないっすかねと尋ねるも、分からないと。
というかそもそも良く分からないおっさんに連絡先を教えてくれるはずもない。

0_Y平アイコン

  どうもー、お時間いただきありがとうございましたー


精一杯の笑顔でインターホンのカメラに向うも、インターホンの先は無言。
明らかに不審がられており、警察を呼ばれてはたまらんと逃げるように民家を後にしました。

これすごい心折れる企画では?

軽い気持ちで雑草食べればいいやと思っていた自分をなぐりたい。



その後4件民家を回るもなかなか雑草を取らせてくれない。
当たり前だ。いきなり押しかけてきて「お宅の雑草とらせてください」とか
来たら完全にキチガイである。

ひどいのになると「WebライターのY平と申します」と言った瞬間ガチャ切りされることもあった。

よっぽどどこかの大学の研究でーとか嘘をつこうかと思ったけど、
嘘をついた時点で犯罪レベルが格段に上がるので、
Webライターと自称するしかなかった。

それにしてもWebライターのY平って胡散臭さ半端ねえ。


21_突撃取材2

その後、昼間なのに雨戸閉めて人気のない民家を訪ねたり。

22_神社

神社で「どうか雑草を取らせてくれますように」とお参りしつつさらに歩く。

25_田舎の路地

26_突撃取材3

路地を抜けるととある民家にたどりついた。
母屋なんかもあり、その軒先には乾いた玉ねぎがつるされている。

農家の可能性が高い。農家なら畑やらあそばされた土地などを持っている可能性が高い。
これは見込めるかもと思い、ドキドキしながら玄関をたたく。

ダンダンダンダン!

0_Y平アイコン

  すいませーん!


27_突撃取材3-1_アイコン

  なんしとん!?


振り返ると僕の背後に農作業姿のおばあちゃんがいた。
ビビった。気配まったくなかった。気づいたら僕の後ろにいた。

動揺しつつもフェイスtoフェイスで話ができる機会なんて滅多にない。
これ逃したら最後だぞという思いで
興奮する心を抑えつつ話し始める。

0_Y平アイコン

  すみません。わたくしWebライターのY平――


27_突撃取材3-1_アイコン

  あー!! いらん! いらん!


0_Y平アイコン
  あー違います違います! セールスとかじゃなくって!
 今ウサギが食べれる雑草を探していて。



27_突撃取材3-1_アイコン

  ああん!? ざっそぉ!?


0_Y平アイコン

  はい! できればおばあちゃんのところに生えてる雑草をとらせてもらいたいんですけど


その後も不審げに僕をがなり立てるおばあちゃんに、どうにか来意を伝えると
おばあちゃん、ようやく害はないと理解してくれたのか、おばあちゃんの畑に案内してくれる。

27_突撃取材3-1

27_突撃取材3-1_アイコン

  ほれ! ここになんぼでも生えとるで、なんぼでも持ってけぇ!


0_Y平アイコン

  うわあ! ありがとうございます!


この畑、なんでもおばあちゃんが億劫で草枯らしをまいていないらしく、
畑の奥に行けば犬の糞尿もない。まさしく僕が渇望した条件だった。

おばあちゃんは常に怒鳴り声で僕に話しかけてきた。

27_突撃取材3-1_アイコン

  何の雑草が欲しいんだぁ!?


0_Y平アイコン

  えっと、たんぽぽとかナズナとか


27_突撃取材3-1_アイコン

  たんぽぽぉ!? ほれ、ここにあるで、なんぼでも持ってけぇ!!


0_Y平アイコン

  おお!!!! やった! ヨモギとかもありますかね?


怒鳴り散らすおばあちゃんだったが、僕が雑草の名前を口にするたびに
一緒に雑草を探してくれた。シロツメクサを見つけた時は一緒になって喜び、
お決まりの「なんぼでも持ってけぇ!」が炸裂した。

おばあちゃん、この土地でずっと畑仕事をして生計を立てているらしく
今年で90になると言う。元気すぎる。何年ぐらい畑仕事やってるんですか? と尋ねると
「ずっとだぁ! ずっと!」とかなりの大声で返事してきた。

すでにかなりの家で不審者扱いされてきた僕にとって、
おばあちゃんはまさに救いの女神だった。
僕はちょっと目を潤ませながら感謝した。


0_Y平アイコン
おばあちゃん! どうも本当にありがとうございました!



27_突撃取材3-1_アイコン
なーにが! 雑草がそんなに嬉しいんか!? 変なやっちゃなーなーんぼでもあるで、わしが礼言いたいぐらいだわ!


おばあちゃんは笑顔で僕を見送ると最後に「がんばれよーう!」と
声をかけてきた。

30。休職中の身としてはおばあちゃんの言葉が涙腺にしみた。




雑草を食べる準備をしよう


28_取れ高よし

さて、これで終わっとけば、おばあちゃんとのハートウォーミングな出会いで
大団円なんですがそうは行かない。なにしろこの雑草を食わねばならない。

「もうおばあちゃんだけで十分じゃない」と弱る心がありますが、
ここで負けてはWebライターと自称した人々に嘘をついたことになる。
意を決し、雑草を食べるための準備をします。


29_雑草を洗う

まずは雑草についた汚れを流水で落とし、水道水に1日ほど漬け込む。

ええ? それだけでいいのと思う人もいるかもしれませんが、
水道水には塩素が入っているので、この塩素が殺菌効果を出してくれます。
よく金魚水槽に新しい水草を導入するときに使う手です。

まさかこの手を自分に適用する日が来るとは思ってなかったけど。


30_雑草を乾かす

新聞紙で水気を取り、さらに1日乾燥させる。
ウサギは水分に弱いので、なるだけ乾燥させるのがミソ。
まあ食べるの僕だけど。

一通り準備を終えたら最後に、毒草がないか選別を行っておく。
おばあちゃんにどやされながら夢中で採ったのだけど、
何の雑草か分からないものがいくつか混じっていた。

ためしにパッチテストをしたところ明らかに毒性があるもの
含まれていたので怖くなって分からないものは全部捨てた。
毒草はマジでその辺に生えてるからみんなも注意しろよな!



雑草を食べよう


それでは念願の実食です。

ここでおしゃれな検証記事であれば、料理研究家の○○さんにお越しいただいて
おひたしやら天ぷらやらにするところですが、
そういうのは必要ありません。生で食べます。だってウサギは生で食べるから。


そんなわけでいってみましょう。全部で6品目

記念すべき第一品目はスギナです。

2_ナズナ

10_ナズナ

うん! 美味い!

なんだこれ普通に食べれる! 青々しい匂いがむしろ爽快で味は水菜のよう。
和風ドレッシングと一緒に食卓に上がったらうめえうめえ言いながら平らげるレベル。

調べてみたらスギナは普通にクックパッドでもいろいろレシピ出てきた。

幸先いい。スギナは美味い!





お次はクズノハ。

3_くずのは

こちらはいざ食べようとしたところ
0.5mmぐらいの虫がパラパラ落ちてきて、食べる前から不味い暗喩があった。
まあでも虫がつく野菜は美味いと言うし、我慢して口に運んでみる。

11_くずのは

苦ぇ!
食感はパリパリしていて、冬の落ち葉をそのまま口に運んだ感じ。

味はちょっと苦すぎるカイワレみたいな。食感、味ともにこれは微妙。

クズノハは微妙!




さあどんどん行ってみましょう。
お次は大本命、ヨモギです。

4_ヨモギ

ヨモギはね。餅になるぐらいだしね。美味いに違いない。
ひゃっはーとなる自分を想像しつつヨモギをつかんだところ、
でっかい蜘蛛の死骸が落ちてきたのでまたしても何か不穏な空気が。

12_ヨモギ

不味い。

俺いったい何をやってるんだろうと人生見つめなおすレベルの不味さ

香りは良い。ヨモギもちのいい香りがするんですが、
それを覆す苦さがやばい。

ヨモギのレシピを調べたところ、ヨモギ入りパンとか、ヨモギ入り豆腐とか
どれも香り付けのために使われていて、ヨモギ単体で食うものではないらしい。

あくまで風味を高める要素として入れるもの。
カレーが好きだからってカレーのスパイスをそのまま食べるやつがいないように
ヨモギも単体で食べるものではない。

結論、ヨモギは単体だとやばい。





13_グレープジュース

ヨモギに完全に舌がやられたので、グレープジュースでリセットする。
寿司屋で白身食べる前にガリ食うみたいな。
そんなかんじで、痺れた舌をいやす。




舌をリセットして次に向うは笹です。

5_笹

笹て。もう固さから言って食べるもんじゃない。
草食動物が強力な歯でゴリゴリすりつぶして食べるやつだろ。


14_笹

固え。

分かってたけれども固い。茎は口の中でボキボキ折れ、
葉は変な繊維が硬くて噛みきれない。味はない。

総合してみると爪楊枝食ってるみたい。




笹が噛みきれないでテンション下がったまま次に突入します。
お次はこちらも大本命タンポポ。

6_たんぽぽ

タンポポはウサギ界でも至高の逸品らしく、
全国のうさぎさんがこぞってタンポポ大好きといろんなブログで自称しております。
であれば楽しみ。ここは気合を入れて食べることにします。

15_たんぽぽ

一瞬美味い! が、後で強烈な苦みが!

おいしいと思った。が、それはひいき目みたいなものがあったと思う。
みんなが美味いと言うから無理やり美味いと思おうとするあの感じ。
食べログで不正に評価された店に行った時のような虚無感。

これをおいしいと思えるうさぎさんとはやはり味覚の次元が違うのだと悟る。

結論、タンポポは一瞬だけ美味い!




最後はシロツメクサです。

8_しろつめくさ

個人的にこれが一番食前にくるものがあった。
シロツメクサの花をつかんだとき、ぶわさっと6、7匹の虫が落ちてきて
思わず声あげたもん。これ絶対虫も一緒に食べちゃうじゃん。

暗鬱な気分で、それでもシロツメクサを口に運ぶ。


16_シロツメクサ

美味!!!

なにこれびっくりした。花の香りがかなり良くて、食感はホウレンソウのおひたしのような感じ。
苦みなどもなく、なんと形容したらよいか分からない初めての味だった。
香りがいいから食が進む進む。おひたしにしたら爆ウマ間違いなし。

結論、シロツメクサは美味い! 特に花が!




雑草を食べてみたまとめ


いやー、通報一歩手前まで頑張って採取した雑草は
総じて食べられるものでした。たぶん、笹以外は適切な調理をすれば
結構いい味になると思います。今回の特集を振り返ってみますと下記のような感じ。

・イナカは草枯らしと産廃がうずまいている
・イナカで「雑草下さい」と各家を歩き回ると不審者扱いされる
・おばあちゃんは優しい
・ヨモギはスパイス。単体で食うと不味い
・シロツメクサはひくぐらい美味い
・笹は固い


皆さんも、通勤通学途中、ふっと脇道に目をやってみてください。
普段気にも留めない雑草ですが、そこには美味い物があるんだなあと
ぼんやり感じていただけると幸いです。

もしこの記事を見て雑草を食べようという方がいらっしゃいましたら、
スマホに野草図鑑入れて散歩がてら郊外に出てみると面白いかもしれませんよ。

それではまた次回! ばいばい!




雑草を食べるための3つのルール(再掲)


1. ウサギが食べれるようなコンディションのよい草を探す。
  クスリや犬の糞尿がついてそうな場所のはNG

2. 人の土地で雑草を取る際は必ず許可を取る

3. 取った雑草は残さず食べる




3. 取った雑草は残さず食べる



3. 取った雑草は残さず食べる


17-1_うおお


17-2_うおお


17_うおお


18_うおお


19_うおお


20_うおお


21_うおお


21_うおお - コピー


21_うおお - コピー (2)


21_うおお - コピー (3)


21_うおお - コピー (4)





雑草を食べてみたまとめ(再掲)



・レタスでもこんなに食べたことないのになぜ雑草を
・笹のせいで口中血だらけに
・ヨモギは地獄
・グレープジュースが途中でなくなる
・ちょっと良く分からない虫とかも入ってる
・シロツメクサをつつくと大量の虫がわいてきた
・蜘蛛が口の中に
・大量に食べると飽きる
・大量に食べるとやばい方面のウンコがでる


以上。二度と食べない。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

これはベンチプレスばっかやってる体ですわ…

2015-06-10 21:24 | from K平

No title

この記事はなんというかアクティブ日記の頃を彷彿とさせて好きです

2015-06-11 00:20 | from ハンガク

突っ込みどころがいーっぱいあるけど、割愛。
笹は人間には無害だが、パンダ以外の動物には毒らしくパンダくらいしか食わない、と聞いたことがある。

とにかく元気そうで良かったよ。
ここで言うのもアレだが、また都合合わせて気晴らしにでも行きましょうや。

それにして、この特殊記…特集記事面白いなぁ。
草生えるわww毒www

2015-06-11 00:40 | from 通りすがりの…

ブログの内容が10年遡った感じですね。
今度は愛知から北海道まで走りましょう。

2015-06-11 01:07 | from たーじん。

ユーチューバーにはない魅力がありますね。
ブロガーの誇りを感じます。

2015-06-11 20:03 | from ぐ〜もる

一番気になったのは

写真の撮影者!
撮影者の感想も聞きたいところ(*^_^*)

2015-06-11 21:25 | from M本

No title

オモコロとアクティブ日記が合わさった感じで素敵
Y平さん、いつ飲みにいきますか

2015-07-18 01:39 | from しえる

No title

K平くん
今はもっとパンパンだよ。Aカップはある。

ハンガクくん
かてきょしながら君とブログの話してたよな。あのときは君のコロコロコミックが色々役立った。

通りすがり様
茶太郎うまそうに笹食ってたけどな。あれ毒なのかね。
毎度毎度読んでくれてありがとうな。

たーじん。くん
久しぶりっすな。まだ読んでてくれたのに驚きだわ! ありがとう! また無茶な企画やるよ!

ぐーもるくん
ユーチューバーすげえよな。僕もやろうと画策してる。はじめ社長みたいになるんや!

M本さん
最初のふざけた写真以外は全部自撮りだよ。最初のふざけた写真は母親に撮ってもらった。母親の前で服脱いで「はやく! はやく! 今この格好で撮って」ってねだるのはなかなかの終末感があったよ。

しえるくん
この前めっちゃ電話してごめんまじごめんw

2015-07-22 14:22 | from わいへい

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/643-f2f8b856