札幌市東区体育館のトレーニング室が最高すぎる件 - 多重人格

札幌市東区体育館のトレーニング室が最高すぎる件

 まだ私営のジムで消耗してるの?

 というのも、昨年の10月ぐらいから区営のトレーニング室で週1〜2で筋力トレーニングをやってるのだが、私営のジムと変わらないぐらい設備が充実していて最高なんである。

 俺が行っているのは札幌市東区体育館

photo2.jpg

 回数券で6回1900円。都心の私営ジムに月8000円とか払うより、区営や私営のジムを使った方が圧倒的にコスパがいい。

14388602760.jpeg

 トレーニング室はこんな感じ。区営のくせに各種マシンはそろっていて、何より良いのがバーベルトレーニングまでできちゃう点。バーベルは下手な私営のジムでは置いてないときがあるので、ここのジムは優秀だ。

14388603040.jpeg

 更に良いのがセーフティラックが置いてあること。

14388603210.jpeg

 これがあれば、ガンガンに重量あげてトレーニングできる。通常フリーベンチの場合、補助者をつけて二人でやるのが一般的。万が一重みで潰れたときに補助者が助けてあげるためだ。しかしこのセーフティラックさえあれば、無理な重量をあげて押しつぶされたとしてもセーフティラックが体を守ってくれる。

14388603920.jpeg

 さて早速バーベルでベンチプレスを開始する。交代表に名前と時間を書いておけば最大40分間は使いたい放題である。周りにバーベルやりたそうな人がいても「今は俺の時間ですから」としたり顔でトレーニングを続けよう。

14388603460.jpeg

 まずは軽く40キロでウォーミングアップをする。バーベルはあげるときに早く、下ろすときにはゆっくりとやるのがコツ。これをネガティブトレーニングと呼ぶ。呼吸も意識するのを忘れない。上げるときに吐く、下ろすときに吸う。これを7レップ。「回」ではなく「レップ」と呼ぶのが通のトレーニングだ。

 7レップ終わったら、インターバルを置くために別のトレーニングマシンに向かう。ちょうどレッグプレスが空いていたので使わせてもらう。交代表があるのでバーベルから離れても大丈夫。この邪魔されない感がここならではの良さだ。

14388603700.jpeg

 フットプレスを終えたらまたバーベルに戻る。

14388604100.jpeg

 今日は調子が良さそうなので一気に50kgまで重量をあげる。この「行けるかな? 行けるかな?」とワクワクしながらウェイトをはめていく時の心地良さといったらない。

14388604290.jpeg

 50kgを終えたら水を飲みにいく。冷水器が置いてあるのでイチイチ家から水を持っていく必要はない。

14388604490.jpeg

 水を飲んでひと呼吸置いたら、55kgまでウェイトをあげる。自重が58kgなのでそろそろ俺の筋肉だと限界が近づいてくる。

14388604730.jpeg

 無事55kgも上げ終えたら次は背筋マシンでインターバルを取る。何度も言うが交代表のお陰でバーベルトレーニングの合間で別のマシンを使えるのが完全に最高。より効率的に筋トレをこなすことができる。

14388604920.jpeg

 最後に自重近くの57.5kg。この辺りになると筋肉が軋み、フォームが乱れてくる。4レップあげたところであえなく圧死。

14388605110.jpeg

 でも安心。セーフティーラックが俺を守ってくれる。この安心感。俺もこのぐらいの安心を与えられる人になりたいものだ。

 こんな感じでバーベル→別のマシン→バーベル→別のマシンと交互にこなし時短をはかる。何度も何度も言うがバーベル交代表制度のおかげで他人に割り込まれることがないので、本当に集中して鍛える事ができる。ダンベルトレーニングも交えて小一時間トレーニングをこなし、最後にマットでストレッチをして帰る。

 帰路もポイントである。体育館のはす向かいには、

14388605650.jpeg

 ツルハドラッグがある。これはプロテインを買って帰る事を想定して作られたものと俺は確信している。

14388605760.jpeg

 詰め替え用のプロテインを手にほくほく顔で帰路につく。

 筋トレはいい。筋トレするとテストステロンという物質が体内に分泌され、やる気増進、性欲維持など精神面でのプラスがかなりある。最近では俺は人生で何があっても筋トレさえやれば解決すると思っている。仕事がうまくいかない→筋トレ、会社に行きたくない→筋トレ、彼女が振り向いてくれない→筋トレ、良いアイデアが思いつかない→筋トレ。と全ての事象で筋トレが解決するという方程式を描いている。

 みんなも何か悩み事があれば、誰かに相談するとかそういうのじゃなくてバーベルとりあえず上げよ? 話はそれからだ。ということで東区体育館はチェキラしといてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

同じ東区民として、このブログ素晴らしいと思いました。
ぜひ行って見たいと思います

2017-04-19 12:38 | from ゆーま

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/649-3ba21340