パワプロ2016は野球経験者歓喜の名作か? なりきりモードが完全に素人を置いていく最高のモードになっている件 - 多重人格

パワプロ2016は野球経験者歓喜の名作か? なりきりモードが完全に素人を置いていく最高のモードになっている件

 パワプロ2016を買いました。前作パワプロ2014から間が空くこと2年。2015は出ないのかー! とある筋では非常に盛り上がってたところようやく新作2016が出ました。最高です。待ってたほい!

 で、今回もサクセスを始め、栄冠ナインやオンライン対戦、新球種開発など様々なモードがあるんですが、今回僕が一番注目していたのが「なりきりプレイ」というモード。

narikiri.jpg

 これはマイライフでなりきりプレイ中の画像。はい、セカンドを守っています。守備機会が回ってきそうな場面だけ守備視点からプレイできるというもの。これがなかなかにマニアックで、ただ球を取るだけならまだなんとかなるのですが、ベースカバーもしなきゃならないという完全に素人お断りの一品。例えばバッターがピッチャーとファーストの間にバントしようものなら、空いた1塁に向かって全力でベースカバーをしに行かなければならないという。いや、本物の野球ですやん。それ。ってなもんでかなり面白いです。

 ただまあこれをずっとやってると少しテンポが悪い上に何より疲れるので、大一番の試合やら、ここは見所だぞうという試合の時だけなりきりプレイにするのがいいと思います。ちなみにピッチャーが燃えに燃えるとすごくやるせない気分になります。1野手の力じゃどうにもならない時というのがあって、それがリアル野球のように伝わってきて切ないです。

 動画も撮ってみました。




 常にアウトカウントとランナーを見て、ボールが来たら次にどこに投げるか、ベースカバーをどうするか考えながらプレイしなければならないので、ほぼほぼリアル野球の守備と同じ気持ちになります。ちなみに当方中学からずっと外野なのでセカンドの守備とかパワプロでも地獄でした。これ、中学野球とかで教材として機能するのでは? と思いましたね。パワプロファンだけでなく野球関係者必見です。

 こんなリアルに近づけてくるなんて本当にコナミはキチガイです。最高の野球キチガイです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/679-7d47bc1d