ベッキーをめぐる - 多重人格

ベッキーをめぐる

 金スマを見た。ベッキーが復帰するというから普段見ない金スマを。何か田植えとかやっててマジでクソつまらなくて、でも時々ベッキーが出てくるよ的な演出をしてて、テレビはうまいなあと思いながら見てた。お腹の子も気になるのかドコドコ動き回ってて、やっぱ女の子、ゴシップ好きねーなどと言いながらゴシップ見てたよお父さん。

 んでベッキーさん、中居くんとの対談的なのをやって、すごい突っ込んだこと話してて面白かった。ツイッターの反応はどうかしらと思い色々見てたら概ね「ベッキー好きー。川谷死ね」派、「両方死ね」派、ごく少数だが「川谷は音楽やってる人だからファンに謝れば別に謝らなくてもね」派、そして「興味ない派」、「そんなことより舛添やれマスゴミ」派、と勢力が分かれている模様。と、ここで湧いて出てくるのはどこの派閥にも属さない孤高の思考を持ちたいという願望。多数派を小馬鹿にして真理めいたものを口ずさみドヤ顔したいツイ廃の俺。しかしウェイト、それって新たな派閥じゃない? そういう派閥として俺もまた括られるのではないか? 括られたくない。俺は孤高でいたい。でもよく考えろ。そうしてくくって悦に浸る側も「括って悦に浸る側」という派閥に属しているのだ。さらに「括る」派閥を括る派が現れる。あわせ鏡。平行線。永遠に終わらないベッキー談義。面白いよねえ。あ、今、「どうでもいいけどただ面白いねえと感心する」派閥にいます。おい、ほら。括れよそこのお前。お前が括ると同時にお前もまた括られているのだ。せいぜい孤高を気取るがいい。ボコボコ。妻のお腹の子が騒ぐ。そんなことより? 舛添が? 社会派な胎児だねえ君は。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/692-3183e5aa