絶望の足音が聴こえる - 多重人格

絶望の足音が聴こえる

 仕事が難しい。やってもやっても新たな課題が出てくる上に、どんどんどんどん納期が迫ってくる。そしてここへ来て。同じソフトと設定をしているのに一方でできて俺の環境ではできないとか、一番面倒なやつに出くわす。昼は休み時間もいろいろ試行し、ビルドなどで少し空き時間ができたら他の設計をして、死んだ顔でぶつぶつと呟く。時々盗み見るツイッターのみがわずかばかりの癒し。そして夜寝る前に明日どうしようと震えるのである。とってもまずい傾向。またメンがヘラる。

 ヘラってはいかん。適度にストレスを解消しなければならない。どうするか。

cookingtemp.jpg

 やっぱりサーモンいくら丼ですよねー。マックスバリュで一皿321円。あまりにストレスが溜まっていたので二皿も買ってしもうた。

 何? スーパーのお惣菜かよってがっかり? いやいや君たち。北海道のマックスバリュのサーモンいくら丼、これ、別格だから。世界違うから。カッパ寿司しか食べたことないあなた達では想像もつかない旨さの極致だから。

 いや、ほんとなんでこんな美味いのか不思議です。鮮魚コーナーに置いてある刺身のサーモンよりなぜか美味いからね。なんで鮮魚コーナーよりいい味出してんねん。それでなんで安いねんって。突っ込みながら食べるのが至高。これこそ最&高のストレス解消なのです。北海道のマックスバリュにみんな急いで。俺が買い占めてるから。最高でいっぺんに3つ買ったことあるから。まじだから。

 サーモンいくら丼と、久しぶりにビールっぽいものを楽しみたかったので淡麗買って飲んだ。美味い。発泡酒だけど美味い。昔クレヨンしんちゃんでヒロシが「発泡酒じゃなくてビールがいいよう」って駄々こねてて、何が違うんだろうって子供ながらに思ってたけど、今、こうして金をケチって発泡酒を買っているとヒロシの悲哀が現実のものとなって押し寄せてくる。野原ひろし、35歳。俺、31歳。着々と追いつきつつある。ひろしを追い越したあとは白髪マンモス踊りに共感を覚えるようになるのだろうか。どうでもいいけど2杯目は飽きる。サーモンいくら丼の話ね。

 安い発泡酒を飲みながら野球中継を見る。妻にいろいろ解説しながら、今日も愉快な岩本勉さんと楽しく野球を見ることができた。そうしていたらCommon APIが動かないことなんてどうでもいいことに思えてきたのでやっぱりストレス解消って大事だよー。お金は大事だよー。命も大事だよー。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Y平 (31)

現在:
Androidプラットフォーム開発者。シナリオ作成も趣味でコンテストに
色々応募をしています。人形劇もやっています。

略歴:
2004年〜2009年 名古屋大学で人形劇サークルで活動後、作家を目指すも挫折。
2009年〜 札幌のモバイルの会社に勤めて適当にプログラミングやらに従事。
2012年 ヒューマンアカデミー シナリオライター講座受講。シナリオライターに。
2013年4月、妻と結婚
2015年8月、オモコロライターになる

作品暦:
「えんむすび」 子供映画製作ワークショップ2012最終候補
「思い出はとめたままに」 2012年南のシナリオ大賞 落選
「マリモの人形劇」アニメシナリオ大賞 選考中(2015年4月現在)
「しっくす・パックす!」第22回電撃コミック大賞 選考中(2015年4月現在)
「上から」コバルト短編小説新人賞 選考中(2015年8月結果発表)

好きな作家:
筒井康隆 綿矢りさ 星新一 藤子・F・不二雄 戸塚たくす

その他活動:
ニコニコ動画ゲーム実況一覧
twitter 気軽にフォローしてください→@yhei_hei

mail :
yheihei0126●gmail.com(●を@に変えてね)
↑感想やらお仕事やら日々の呟きやらなんでもください↑

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tajuujinnkaku.yhei.net/tb.php/707-fec683cd