- 多重人格

吐く筋トレ

 金曜日は無事全ての作業を終わらせて打ち上げに行った。もう社会人だというのにゴミほど飲んで気づいたら麻布のラーメン屋に一人でいた。すすきので飲んでたはずなのに麻布に。俺んちは元町なので最寄駅でも全然ない。ひとまず塩ラーメンを食べて一息ついた後、泥酔でトチ狂った頭が今からマラソンして家に帰るんだと命令し、走った。深夜1時の麻布を、元町に向かってひたすら東へ。走った。

 家についた後の記憶はほとんどないが、その後土曜日全てを睡眠に費やしたあたりかなりのダメージを受けていたと思われる。気分も乗らず、ひたすらドラゴンボールの強襲サイヤ人のプレイ動画を見ていた。

 んで日曜日。あまりに肉体的にも精神的にもグダッていたため、ひとまずジムに行った。ジムでベンチプレスを上げること3セット。気持ち悪くなって吐いた。ストレッチマットのところで死んでいると、そこで床オナライクに背筋運動を行うマッチョあり。そのマッチョのすっは、すっは、という呼吸がめちゃめちゃにタバコ臭くてまた吐いた。さんざん。でも体を動かしたという事実だけで幾分気は晴れた。ということでこれからすすきのにMerryのライブ、妻と行ってきます。ここは、東京Nonsense Market!! ボケが!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日で発注切れ!!

 作業終わりませんでした。ちょうどTCPスループット測定の1日分足りてません。ここまでぴったり作業が入ったということは逆にすごい見積もりよかったんじゃないかと思う。でもTCPスループット。これだけは余計だった。そんなもの簡単なんだからそちらでも測れるでしょう。大学生でもできるでしょう。

 あまりに疲れすぎてくさくさし、帰った後ストロングゼロ的なものを3缶開けて、何をトチ狂ったのか素振りをして走ってコンビニに行ってジャンプを立ち読みしたりなんかしたものだから、ぐでんぐでんです。ぐでんぐでん。酔った勢いは恐ろしいもので、やっぱり俺は小説に生きる! っつってんで書きかけだった小説を書き始めたのだけれど、クソ面白くない。作者が面白くないものを読者が喜ぶものか。本業でも鬱、趣味でも鬱。これはどうにもならん。それもこれもクソ優しいお客様のせい。発注がキレようが、僕と離れたくないって。わーい(白目)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あと1日で発注が切れます

 あと1日。あと1日の我慢でお客様とさよならです。いやほんと寂しい。寂しすぎて思わず飲みに行く。カンパーイ! 

 嬉しそうなのは気のせいです。嬉しそうどころか困ったことになっている。あと1日で発注切れであるが未だ性能測定の手順書ができていない。この2ヶ月いろいろパターンを変えて10数種類の測定をやってきたがそれを一つ一つゼロからやる手順を明示せなばならない。やってる最中に作っとけよって言うが、どこにそんな時間があったのか? 常にできない不安に苛まれトライアンドエラーを繰り返し、綱渡りでなんとか測定データは出した。それについで好き勝手測定条件が増えるので常にコーディングしてた。そんな暇なかった。

 暇はなかったが手順書は作らねばならない。当初の予定では明日中に終わる予定だったのだが、昨日TCPスループットの測定をお客様にぶち込まれ、「手順書が間に合わないんですが」という俺の声なき声はお客様に握りつぶされ、明日中に終わるか怪しくなってきた。と言っているのに残業はさせないという部の方針と残業はさせないにもかかわらず6月中に終わらせろという相矛盾した上からの主張を受け、「間に合わなくなっても知らんぞ〜〜〜!」とベジータみたいなことを思いながら今日は定時で帰宅した。明日は地獄。かといって手順書の手を抜くと7月中にまたお客様とこんにちはしなければならないので絶対に手を抜けない。7月。セミがミンミンなく屋外と呼応してリンリンなる電話。「ココ、テジュンドオリ、ヤッテモ、ウゴカナイ」みたいなことを機械のように繰り返すお客様。死にそうな顔で謝りながら電話口で向こうの画面も見えないまま手順を教える俺。その姿、クレーマーに捕まったサポートセンターのお姉さんのごとく。これはお客様と完全に別れたいがゆえの頑張り。失注といえど完全なる撤退をしなければならない。ぐうの音も言わせない、完全なる手順書を、俺は作る。どんなアホな、いや、頭の個人差が大きいお客様だろうとできる、完璧な、手順を。

 ということで明日は死んでも手順書を作り上げる。いやむしろ、死んで手順書を納品しなくてもいいようになればこれ幸い? お客様の法令に反した相次ぐ依頼と期限はきついのに残業をさせない上の失態? みたいな感じで暇な週刊誌が取り上げる。みんな不幸。ザマアミロ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コードは時間がなかろうが常に丁寧に書くべし

 発注が切れるまであと3日。ここへ来て新しい依頼が当たり前のように来る。先方は「〇〇の作業とバーターで」とかドヤ顔で言ってくるけど、〇〇の作業は僕の作業ではないので全然バーターになっていない。結局残業をしてやるしかない。

 今回の依頼はOS間でTCPソケットのスループットを測るというもの。iperfとか使えばいいが、片方のOSにiperfが入っていないため自分でTPを作らねばならない。socketプログラミングの初歩。sendとかrecvとか、大きなデータを送信/受信すると、一度のAPIコールではデータ送受信が終わらないのが罠。APIの返り値で送受信バイトサイズが返ってくるのでそれを見ながらデータの送受信が終わったか見る必要がある。大学の課題レベル。だがこれに気づくまでちょっと時間がかかった。おまけにソースコードを先輩に見てもらった時に「なんでエラールート作ってないんだ」と怒られる。いや、時間がないからって思ったけど、ソフト開発において時間があるときなんて絶対にないので、明日が締め切りだろうが親が死のうが丁寧にソースコードは組まねばならない。じゃないと、常に適当なソースコードしか書けなくなる。反省。

 先週からずっと定時で帰れてない。正直疲れた。もっとやってる人はいるけれども、半年近く休職して初めての残業ラッシュなので体が慣れていない。1年目は嬉々として残業していた。残業している俺、社会人やってる♩ぐらい思っていた。馬鹿野郎。残業しなくても社会人やれるのでできればやりたくないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーディングテストある面接ってマジで怖くない?

 発注が切れるまであと4日。僕がキレるのはいつ? いや、キレない。キレたら終わり。いくら今後関わりのないお客様といえどお客様はお客様。発注が今月で切れるからこそよりいっそう丁寧に。切ったのちょっと勿体無かったなぐらい思ってもらえるぐらい丁寧に。丁寧に慎重にやってたら、ドコドコ依頼くる。4日前に依頼をするな。いい加減にしろ。2ヶ月前に作業内容fixしたんでしょ? 発注が切れる4日前に新しい作業をやらせるってもうなんなの? 7月から無給で働かせるおつもり? そっちがその気なら伝家の宝刀外部監査の陣を敷くこともやぶさかでない。

 どうでもいい。あと4日深夜残業が続こうが、あと4日で終わるならいいです。清々するわ!

 んで。本業で腐っている時ほど衝動的に沸き起こる転職心ですけれども、業界を変えずにちょっとグレードの高い転職をしようと思っていろいろ動いた。したらスカウトメールが来たのですが、ゴリゴリのセキュリティソフトの大手で、なんか必要経験とかスキルとか英語で書いてあるの。3年のC言語経験/Linux経験、Java、Perl。しかもコーディングテストとかもあるって。でも年収倍ぐらいになるよ。もうこれ記念受験的に受けてもいいんじゃない? あとコーディングテストとかって気になるじゃん。自分がプログラマー的にどういうレベルにあるか気になるじゃん。まあ僕ググらないとswitch case文間違えるあれだけど。あとPerlできないけど。見える。面接官を前に、sayHello()みたいな関数を作りコンソールにI don't know everything so this test and my change of job is over!! Can I go home now?と出力だけさせて帰る俺が見える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンプライアンスお客様

 仕事。仕事の話ばかりでつまらないというが平日仕事しかしないのにそれ以外の話することなんてあるかい。だけれどもウェイト。待て。平日は仕事の話しかできないってちょっと終わってるのじゃない? そういう仕事ってどうなの? 死んだ顔で朝早くに出勤し、夜遅く帰る。くたくたに疲れた後はストロングゼロなどの安酒でベロベロに酔い1日が終わっていく。一度の人生。こんなことでいいのか。やはり自分の好きなことをして生きていかなければ。

 みたいなことを定期的に考えるのだが、だいたい仕事がしんどい時に考えることだ。俺の人生ってこうでいいの? みたいな。こう言う発作みたいなものは仕事が暇になったら「まあ、こんな人生も素敵じゃない。普通に生活するってそれだけですごいことだよ」みたいな結論を出してお茶を濁すのが普通で俺の常だがお前らの常でもあると思う。みんなそうでしょ。ちょっとストレスかかると人生に文句言うでしょ? 言わない?

 どうでもいい。仕事が鬼の忙しさなので俺も例外なく文句を言いながら仕事をしておりました。偉そうな論調を保ちながら。他者を攻撃しながら。自分を正当化しながら。

 お客様から発注を受けて仕事をしているわけだが、地味にこの形態は社会人6年目にして初めてだったりする。いつもは発注する側だった。殿様側だった。今回はいわゆるソフトハウスみたいな作業になる。しかしこの形態。お客様がこだわりを持ってやってらっしゃるのか、基地外なのか知らないが、次から次へと発注にない、いや、ないと言い切るとゴリゴリの違法になるので、あるけどぼやかした発注内容に基づいたグレーな依頼をドコドコしてくるので参った。やってもやっても新規依頼でてくる。そんなことやっていると他の作業がなおざりになるのだが、おそらく他の作業も完璧にやらないと後で瑕疵責任だとか騒ぐタイプのお客様。お客様だからね。やるけどね。それで製品が良くなるんだったら本望だよね。ってこの製品、結局開発中止になったんやないかーい! 何のためにやってるんかーい! 死ね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

残業したいって言ったけれどもさ




 調子こいてすまなかった。ここ二日、性能測定が佳境を迎え、どんどん溢れる発注にない新規依頼、やってもやっても満足しないお客様、諸々の事情で2日ほど深夜残業をしたわけだが死んだ。何がどういう境地に至るのか確かめてみたいだ。もう境地きたわ。すぐにギリギリきたわ。ほんと定時退社できる状態って素晴らしい。

 んで、佳境中の佳境の性能測定だが、なんか思った通り、性能測定の結果ざっくり遅いところがわかったら次はどこが遅いのかはっきりさせろと依頼。そんなの発注にないでしょ? 測定して終わりという話では? まあ、計画書を鑑みれば、すげえぼやかして書いてあるけど、広義ではボトルネック分析もやれとも読み取れる。発注時に曖昧に言って状況によって依頼をどんどんアップデートしていくシステム。要するに当初の依頼にはなかったものでもお金の足りる限り限界ギリギリまで依頼をこなせという依頼。ソフトウェアあるある。やりますよ。

 そんで厄介なことに性能測定してた対象がゴリゴリのオープンソースだったため死んだ。オープンソースといえば昔AndroidのFramework担当だったけれどもあの時もソース読んでもろくに分からないまま終わった。あの時できなかったことが今になって? 成長したからできる? と思いきやまったくできなかった。3年前できなかったことが今できるとは限らない。APIの初めのあたりで処理がどこに行ったかわからなくなった。テンプレートやらtypedefやら無名関数やら訳の分からない仮想関数やらもう分かりやすくしようとして逆に分かりにくくなってるあれで死んだ。無理。これ1年あっても全貌分からない自信ある。オープンソースだから当然ドキュメントなし。みなまで言うな。

 ソースコード解析を早々に断念しツールに頼ることにした。ubuntuではメジャーなプロファイルツールのperfを使った。したらあれよ。特定の関数呼び出しの後、TCPスタックに出て行くまでのスタックトレース取れた。信じらんないから。dlopenのダイナミックロード先も当然のようにスタック取れてるし、30kstepあるソースの全関数にprintf入れようと思ってたのがバカみたい。平たく言うと、自分のプログラムからOSのよくわからない関数までの道筋が明確に見えた。しかもどこが処理速度重いかパーセンテージで出るんだよ。神か。

 ということでperfを使うとよくわからないオープンソースもスタックが取れるから、プロファイルだけじゃなくてトレースツールとしても役に立つよという話。仕事のお話ばかりでつまんない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット、始まる

 「え? それって筋肉で厚くなってんの?」

 今日昼飯の時に同期に言われたんだけどそれなー! 週一でジムに行ってもう数ヶ月。プロテインもちゃんと飲んでるので筋肉もついたけれども違う。確実にデブです。デブになった。

 あれだ。確かにベンチプレスは60キロあげれるようになったし、昨年の秋は50キロあげられなかったことを考えれば確実に筋肉は付いているのだけれどいかんせんそれ以上に太った。妻にも「下から見たらすげえ顔大きくなった」って言われたし、やばい。

 運動はいい。野球もやっているし、ジムは欠かしていない。毎日バットも振っている。問題なのが食生活である。日中なんかストレスたまるってんでリゲインを3本ぐらい飲んでるし、昼飯はいっつも一平ちゃん夜店の焼きそば。どのぐらいの頻度で食っているかというと、飲み会の席で先輩に「Y平くん、焼きそば食べなくていいの?」と言われるぐらい一平ちゃんを食べてる。いや、好きなんだよ。いっぺん食べたらやめられねーんだよ。あとそれに加えておにぎり2個と、サンクスの旨辛フライドチキン。おやつにミルクココアを2本挟んで帰宅。その後妻の晩飯を食べつつご飯2膳。そして締めにポテチかインスタントラーメン卵のせ。締めの締めにアイスのMOWのトリプルベリーを食べるという。もちろんのごとく並行して酒を1リットルぐらい飲む(しかもストロングゼロとか氷結ストロングとかアル中のやつ)。

 あれだ。この前テレビで渡辺直美の特集やってて、渡辺直美は日中に8食ぐらい食べてて、食うか仕事するかのどちらかで、妻と「あれだけ太るのは太るだけのことをやってるんだね。もはや努力の域だ。マッスル北村が消化剤飲みながら無理して暴食するのと同じだ」とかうんちく垂れてたけれども完全にバカ。俺もプチ渡辺直美みたいになってるじゃん。太るに決まっている。この量食べてたらいつも中学の部活ぐらいカロリー消費しなきゃだめだけどお前プログラマーだからな。完全に食生活が崩壊している。

 昔から食べることが好きだった。大学時代もバイト代をセコセコためては月に1回は蓬莱軒のひつまぶし食いに行ってたし、元カノの家に遊びに行っては四天王ラーメンやら三河開花亭ばっか行ってた(しかも元カノの金で)。もっと遡れば、お小遣い500円だった小学生時代、たった500円しかないお小遣いを月に一度のご褒美とか言って学校帰りのたこ焼き屋、8個350円に費やしてたし、ミニ四駆走らせにおもちゃ屋に行ったと思ったらミニ四駆走らせずにずっとうまい棒買って食ってた。そんで家系なのか全く太らなかったもので、デブな人を見ては「俺は好きなものを好きなだけ食べれて幸せだなあ」とか思ってた。

 しかしですよ。齢30を超えて代謝も悪くなってきた中、ついに自分の摂取カロリーが痩せ体質に買った。2ヶ月前は58キロだったのだけれど今63キロだからな。ついでに言えば体脂肪率も21%とかになってたからな。25%からデブだからな。ガリガリの戦争孤児みたいな小学生時代からするとありえない。これは対策をしなければならない。

 なので明日から自転車通勤したいと思う。ちょうどボコボコに壊れてたクロスバイクを修理したので。あと関係ないけど修理に2万かかったので。通勤費浮かすためにも今時のスポーティーサラリーマンのごとくチャリンカス気取りたいと思います。車道走って車にあおられる奴やりたいと思います。ただうちから会社まで車で20分ぐらいかかるんですけど、一体自転車で行ったら何分かかるでしょう。きっといつもの30分前ぐらいに家でないといけないと思います。まああれだ。小久保ジャパンの小久保裕紀は高校時代は2時間ぐらい走って高校行ってたって言うし? それに比べれば? クロスバイク使ってる時点でだいぶゆとりですし? そもそも僕デブですし? 頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

憂鬱性能測定

 仕事。性能測定も終盤。CPUに負荷を与えた状態で特定の処理を行った際のレイテンシを測る。CPU負荷ソフトは自作。スレッド数とusleepの引数をコマンドライン引数で入力できるようなプログラム。./cpustress 50 2 とやると、2μsのスリープでひたすらループし続けるスレッドを50個作るみたいな。これで適当に負荷をかける。あと、Linuxだとこれで十分だが、μITRONだとプロセスの優先度みたいなのがあって、優先度が低いといくら負荷かけようとしても処理が回ってこなくて負荷がかけらんないみたいなのがあるらしいが、負荷はかかっていたので華麗に無視した。というかLinuxとμITRON両方に負荷をかけるよう言われたのだが、μITRON側はデフォルトの状態でCPU使用率が90%ぐらいだったので、そもそも負荷をかける必要がなかった。ていうかデフォルト90ってダメだろ。

 午後は創立記念日のため、大半の人が14時に帰って飲み会に行った。俺はというと当然のように仕事していた。まあそもそも飲み会欠席だったけど。でもなんとなく。みんながヒャッハーとなっているところに陰鬱とした顔で延々と性能測定やっているのはくるものがある。薬が切れているためなんとなく憂鬱である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラミング下手のデブ

 仕事。今日も性能測定。といっても今回はGPIOで波形を取るわけではなく、printfによるログ出しで時間を計る。これは楽。どのくらい楽かと言うとGPIOの場合はオシロスコープで電圧はかって波形をキャプチャしてみたいなことやってたおかげで1トライ5分もかかっていたのだけれど、ログ出しの場合80トライ20分である。バカにしている。全部ログ出しでやればいいと言うが、そうもいかないこともある。

 んで午前中はテストプログラムを作って測定。速攻で終わって先輩に驚かれる。午後は違う測定系っつーことでまたまたテストプログラムを作り始めたがどうも上手くいかない。単発のデータ送信はできるのだが、連続でデータ送信しようとすると落ちる。単発ができるのだから連続であれどできる。これは俺のプログラムの問題だと思って解析しようとするも結構わからない。無理もない。最近突発の測定で一つのプログラムを流用流用で使いまくっているため、自分でほぼほぼ組んだにもかかわらず何やってるかわからない。ソースが汚すぎで理解が追いつかない。焦ってやったから余計にその場で動けばいいや的な処理が多く、ここを直したらあっちも直してでテンヤワンヤ。スパゲッティーコード。他人のプログラムが汚いと激烈に怒るくせに、自分で書くとこの体たらく。まだまだです。でもねえ。時間なかったし。1ヶ月で3000行以上書くような作業量だよ。無理もなくないですか。とはいえ時間があったらできるかと言われると少し困る。できる気がしない。「時間があったらやる」はソフト開発では「やらない」に等しい。まあそもそも時間があることなんてないが。

 そんなこんなで悪戦苦闘してたら、たまに連続送信できるところまで行った。おお! と普通の人なら喜ぶが、たまにできるということで余計に厄介なことになった。再現率20%の不具合の方が再現率100%の不具合よりタチが悪い。絶対起こるわけではないということはより複雑な条件があるということである。マジですか。ダウナーな気分でカタカタやってたらあっという間に定時。絶望の気分で帰宅。

 絶望の反動か最近食欲がすごい。今日なんて酒350を2杯。晩飯。ご飯2膳(うち卵かけ1膳)。ポテチ1袋にチョコモナカジャンボ。そして「腹苦しいー。食い過ぎたー」と言いながら牛乳にプロテイン混ぜて飲んだ。あれだ。週末ジム行くから。めっちゃ筋トレするから。とデブ声で妻に言い訳した。

このエントリーをはてなブックマークに追加